メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

日本と韓国、演劇で結ばれた20年

現代戯曲のリーディングを重ねて【上】

石川樹里 翻訳、日韓演劇コーディネーター

 日本と韓国で戯曲を翻訳して紹介し合う演劇交流が20年続いている。この間に取り上げられた戯曲は日韓合わせて約100本。それぞれの国に生きる人々の思いや、社会や歴史へのまなざしを映し出す膨大な作品群を通して、両国の演劇人と観客は、理解を深め合ってきた。このプロジェクトの歴史と成果を、ソウル在住の翻訳家、石川樹里さんが振り返り、考える(上下2回で掲載します)。

ドラマリーディング、20年の積み重ね

拡大2021年1月27~31日に東京都杉並区の座・高円寺で開催される「韓国現代戯曲ドラマリーディングⅩ」のちらし
 「韓国現代戯曲ドラマリーディングⅩ」が2021年1月27日から31日まで、東京都杉並区の座・高円寺で開催される。「Ⅹ」は「第10回」である。

 ひとことで第10回と言ってしまえば、なんということはないが、2年に1度の事業だから、20年間積み重ねてきた日韓演劇交流の節目と考えると、ずしりと重い。

 私は今、ソウルでこの原稿を書いている。コロナさえなければ、今頃は東京への旅支度をしていただろう。1回目から翻訳者として、また主に韓国側の事務方の一人として関わってきた立場から、この交流について振り返ってみたい。

 第1回のドラマリーディングは2002年に杉並区の大学生協会館地下ヴァーシティホールで開催された。

 きっかけは1992年に開かれた「日韓演劇人会議」だった。主催した日本演出者協会は、その後も韓国演劇協会と協力して、交互に会議やワークショップなど開催し、交流を深めていた。それをさらに発展させるために、日本では2000年に「日韓演劇交流センター」が作られた。韓国では02年に「韓日演劇交流協議会」が設立され、両団体がパートナーとして、戯曲の翻訳紹介事業を始めることになった。

 当初は、お互いの戯曲を3回ずつ、6年計画で紹介し合う予定だった。しかし、始めてみると、なかなか反応も良く、回を追うごとに観客も増えたことから継続され、第10回まで、20年の交流となった。

 事業の柱は、東京とソウルで1年交代で開催する「ドラマリーディング」。まだ知られていない相手の国の戯曲3本を翻訳し、舞台で俳優が朗読形式で上演する。今年はコロナの影響でかなわなかったが、普段の年は、上演に合わせて劇作家らが相手国を訪ね、トークやシンポジウムなども行ってきた。

 毎回、リーディング上演した戯曲3本に、さらに2本を加えた5作を収録した戯曲集も発刊している。一度紹介した作家を重複して紹介しない、女性作家を必ず1人以上含めることを原則に、物故作家から大御所、中堅、若手に至るまで、幅広く紹介してきた。これまで日本と韓国で翻訳紹介された戯曲はそれぞれ50作にのぼる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

石川樹里

石川樹里(いしかわ・じゅり) 翻訳、日韓演劇コーディネーター

ソウル在住。 日本と韓国で、戯曲翻訳、字幕製作、公演通訳、コーディネーター、ドラマターグなどを務める。日韓演劇交流センター専門委員、韓日演劇交流協議会専門委員。戯曲した翻訳は『鱈々(原作・プゴテガリ)』(イ・ガンベク作)、『ペール・ギュント』(イプセン原作、ヤン・ジョンウン脚色)、『青春礼賛』『ギョンスク、ギョンスクの父』『満州戦線』『哀れ兵士』(パク・クニョン作)、『渇愛』『獣の時間』(キム・ミンジョン作)、『カルメギ 가모메』『颱風奇譚』『外地の三姉妹』(ソン・ギウン作)ほか多数。共訳書に『韓国近現代戯曲選』(論創社)。『呉将軍の足の爪』(パク・ジョヨル作)の翻訳により2008年、第15回湯浅芳子賞受賞。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

石川樹里の記事

もっと見る