メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

カナダで「死ぬ権利」の合法化を訴え続けたのは患者さんや家族だった

カナダ・アルバータ大学腫瘍学・緩和ケア医療部門臨床教授・樽見葉子さんに聞く(上)

鈴木理香子 フリーライター

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)をわずらう女性(当時51)からSNSを通じて依頼を受けた医師2人が、女性に薬物を投与して殺害したとされる事件をどう考えたらいいのか。

 海外では医療者が患者に対する自殺幇助を法的に認めている国もある。その一つがカナダで、MAID(Medical Assistance in Dying:幇助死)と呼ばれている。カナダ・アルバータ大学腫瘍学・緩和ケア医療部門臨床教授の樽見葉子さん(緩和ケア医)に登場いただき、カナダの事情や自殺幇助に対する考えを語ってもらった。 

樽見葉子 札幌医科大学卒業後、麻酔科に入局。1999年にカナダ・アルバータ大学にてフェローシップ。終了後はスタッフとして在宅、急性期病院、地域がんセンターにおける早期緩和医療の臨床、研究、教育に従事している。現在、同大学の腫瘍学・緩和ケア医療部門臨床教授。

――2020年10月、ニュージーランドで安楽死の賛否を問う国民投票があり、賛成が65%を超えて容認されました。2021年にも法律が施行されるようです。樽見さんのいるカナダでも現在、医療幇助死を意味するMAIDが認められています。一方で、そういう法律がない日本で安楽死事件が起こりました。この事件はご存知ですか?

樽見 知っています。ただ、カナダでは情報ソースがはっきりしない記事しか読むことができないので、事件についてコメントできる立場ではないです。その方が亡くなったことで悲嘆にくれておられるご家族の気持ちをお察し申し上げます。

樽見葉子さん拡大樽見葉子医師=本人提供
――今のカナダだったら、こういう事件は起こりません。

樽見 たとえば、合法的に死を選ぶことができる国で、進行性の疾患により最終的に死を予想できる状況にある患者さんがいて、最終的にいろんな段階を経てMAIDを選んだとします。それがカナダであればおそらく事件にはならなかったでしょうし、むしろお別れの前にご家族や友人にちゃんと「さよなら」を言えて、安全で、安らかに、そのときを迎えることができたかもしれません。

 ただ、MAIDを選択せず、人工呼吸器や人工栄養などを中止することも可能です。患者さんの自発的な意思決定による人工呼吸器や人工栄養などの延命治療の差し止めは、北米では合法なのです。

――樽見さんは、緩和ケアを学ぶために1999年にカナダに渡ったのですね。

樽見 20年ほど前は、日本では民間の医療機関が緩和ケアを始めていたものの、研修を受けられるような大学病院はありませんでした。カナダではすでに緩和ケアが大学病院の教育プログラムに組み込まれていたので、せっかくならしっかり学ぼうと、カナダに来ました。

 研修が終わったら日本に帰る予定でしたが、ちょうどその頃、エドモントン緩和ケアプログラムでスタッフの異動があったため、人手が足りなくなってしまった。まさに「猫の手も借りたい」という状況の、猫の手(笑)。それでカナダに残ることになり、今に至ります。

――猫の手ですか(笑)。それが今は大学教授になられて、臨床医としても活躍されています。そこで2つの国の緩和ケアを知る樽見さんにお聞きしたいのですが、死に対する構え方が日本とカナダとでは違うような気がします。実際はどうでしょうか。

樽見 カナダは多民族国家であり、個々の文化の背景にもよりますが、“セレブレーション・オブ・ライフ”といって、予後の限られた患者さんがご家族や友人に感謝を表現することがあります。また、幼い子どもや孫のために、誕生カードや手作りの贈り物を用意していて、毎年渡せるようにしておいたり、メッセージを録画したりしておくことも。その時間を大切な人たちと一緒に過ごすことによって心の準備ができますし、その方が亡くなった後のご家族や友人の受け止め方もだいぶ違ってくると思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木理香子

鈴木理香子(すずき・りかこ) フリーライター

TVの番組製作会社勤務などを経て、フリーに。現在は、看護師向けの専門雑誌や企業の健康・医療情報サイトなどを中心に、健康・医療・福祉にかかわる記事を執筆

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです