メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「第二の森喜朗」阻止のため、わりと会議に出ていた者からの提言

矢部万紀子 コラムニスト

 森喜朗という東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長にして元首相である83歳の男性が、JOC(日本オリンピック委員会)臨時評議員会という場で、「女性が多い会議は時間がかかる」などと女性蔑視の発言をした。2021年2月3日のことだ。

 ダメです、ありえないです、さようなら。で、終えたいくらいの発言だが、私は1983年以来、会社という組織に長く属し、そこそこ「会議」というものに出ていた。その責任とは言わないけれど、二つの方向から考えようと思う。一つは、森喜朗という人の問題。もう一つは、彼が明らかにした「男社会」という問題。

森喜朗発言問題は、彼個人だけの問題ではない拡大森喜朗氏個人だけの問題なのか

 一つ目の方は、短く済ませる。1度だけ、彼を間近で見たことがある。ある女性作家のパーティーで、それは2003年だったと思い出したのは、「問題になった森喜朗会長の過去の発言」の一覧表を朝日新聞(21年2月5日朝刊)で見たから。03年に「子どもを一人もつくらない女性を税金で面倒をみるのはおかしい」と発言したとあった。

 彼は壇上で挨拶をしたが、その内容は覚えていない。が、ある女性作家の挨拶はよく覚えている。その日の主役にまつわるエピソードを披露し、ほんの短く「自分は子どもを産んでいない」話をし、こう締め括った。「悪かったわね」。

 森さんの方を見たか、見なかったか。やるなー、カッコいいなー。そう思っていたのだが、森さん、彼女に「君、失礼じゃないか」と言ったそうだ。彼女が、主役の女性作家にそう報告するのを聞いたのだ。なんて小さい男。その場にいたのは全員女性で、そういう空気だったと記憶している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る