メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

凄い役者・福本清三 〝センセイ〟を偲ぶ東映京都撮影所の面々

血しぶきを上げて倒れる脇の華

薄雲鈴代 ライター

「福ちゃんでないと!」名だたるスターが指名する斬られ役

 「『仁義なき戦い』シリーズは、京撮のみんな燃えていましたから。それまで「そこで死んでおけ」と助監督に言われるままに、死体役を演じていた大部屋の猛者たちの芝居を、深作監督は、ちゃんと見ていてくれましたからね。何度も「違う!」って駄目だしされて、それがめちゃくちゃ嬉しくて、無我夢中でしたね。私たちの若い頃は、しゃにむに激しく、無茶苦茶行けーッ! と教わっていたので、ニッカポッカ履いて、激しく演(や)りました」と、以前の取材で福本さんが話されていたのを思い出す。

 深作監督が、いかに福本清三を愛していたかがわかるのが、松竹映画の『蒲田行進曲』。松竹蒲田撮影所の名でありながら、実際は、東映京都撮影所(京撮)の大部屋俳優を描き、撮影も太秦の京撮で行われた。その劇中劇の立ち回りのシーンでも「福ちゃん目立つから」とスターさんに感嘆される斬られ役で、福本さんは実名で登場している。

 現代劇でも異彩を放った福本さんだが、ご本人は「やはり時代劇がおもしろい」と言われていた。時代劇で主役を張るスターさんたちから、「福ちゃんの立ち回りは〝間〟がすごくうまいからやりやすい」と言うのをよく聞いた。かの美空ひばりさんも

・・・ログインして読む
(残り:約1417文字/本文:約2819文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

薄雲鈴代

薄雲鈴代(うすぐも・すずよ) ライター

京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演、映画雑誌「浪漫工房」のライターとして三船敏郎、勝新太郎、津川雅彦らに取材し執筆。京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。著書に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内-『源氏物語』と恋の舞台』『ゆかりの地をたずねて 新撰組 旅のハンドブック』。

薄雲鈴代の記事

もっと見る