メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

スマホを持つ義務が国民に課せられる?――「デジタル弱者」の愚痴

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 一生の間に「二世」を生きるごとき体験を人にさせる出来事がある。日本では、いわゆる「明治維新」(1867年)、アジア太平洋戦争の「敗戦」(1945年)などがその典型例だが、私には1995年や2007~08 年の出来事もそうだったと思われる。

画期的なスマホの出現

 1995年の出来事とは、「ウィンドウズ95」が発売されると同時に、携帯電話の普及が進んだことである。2007~08年のそれは、スマートフォン(スマホ)の誕生である。

 両者が「明治維新」「敗戦」と異なるのは(事態が政治変動ではなく市民社会で進行したという事実もあるが、むしろそれ以上に)、それが画期的な出来事になるかどうかは、その時点でははっきりしなかった点であろうか。

 だが今から見ると、それは明らかに画期的だった。特にスマホの誕生は。

 現在20~30代以上の人は、この出来事を身をもって体験し、まったく異なる「二世」を生きたかのような実感を持っているのではないか。だがそれは幸不幸いずれの体験だったのか。スマホから取り残された世代・当事者には、不幸の体験だったろう。

公衆電話網が壊される

街の公衆電話コーナーなどの利用者も多いが、その即時性と簡便さが相手にとっては迷惑な場合もある。「一時的にベルも鳴らず通話しないですむような電話機を」と提案する人もいる 1981年東京・新宿拡大公衆電話が並んでいるスペースは激減した=1981年、東京・新宿

 私は携帯電話もスマホも持っていない。今後も持つ気はない。

 最大の理由は、スマホを含む携帯電話は、マイカーと同じように既存の公共網を破壊するということである。マイカーは公共交通網を、そして携帯電話・スマホは公衆電話網を。

 マイカーの大規模な普及のおかげで、この半世紀、各地で鉄道・バスが激しく衰退した。これにしか頼れない人たちは、どれだけ困難な状況に追い込まれただろう。それと同じ事態を生む行為に、私は加担したくない。すでに携帯電話・スマホの普及によって、かつて随所にあった公衆電話はなくなりかけているが、この流れが強まれば、遠からず公衆電話は姿を消すだろう。

 いつのことだったか、山手線が暴風雨のために不通となり、新宿駅に足止めされたことがあった。ホテルに連絡しようと、駅員に公衆電話の場所を聞いたが、結局駅員には分からなかった。それでも地下にあるらしいというので行ってみたが、あったのは広い地下コンコースに1カ所のみで、電話機自体も数えるほどしかなかった(ひょっとすると1台だったかもしれない)。

 社会のスマホ依存が進めば、公衆電話が消滅するのは目に見えている。その時、携帯電話・スマホを持たない人は、街中にあって家族と連絡をとることもできなくなる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

杉田聡の記事

もっと見る