メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

一昔前の浪曲界が映像でよみがえる

元気な80代、90代のおおらかさと熱

玉川奈々福 浪曲師

木馬亭の楽屋というユートピア

 10年前の木馬亭には、99歳の若友師匠をはじめとして、80代、90代の師匠方がたくさんおられました。

・・・ログインして読む
(残り:約3096文字/本文:約4278文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

玉川奈々福

玉川奈々福(たまがわ・ななふく) 浪曲師

横浜市生まれ。出版社の編集者だった94年、たまたま新聞で浪曲教室のお知らせを見て、三味線を習い始め、翌年、玉川福太郎に入門。01年に曲師から浪曲師に転じ、06年、玉川奈々福の名披露目をする。04年に師匠である福太郎の「徹底天保水滸伝」連続公演をプロデュースして大成功させて以来、数々の公演を企画し、浪曲の魅力を広めてきた。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

玉川奈々福の記事

もっと見る