メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ヒロインは「大竹しのぶ」でなけりゃ

『つかこうへいのかけおち'83』③

長谷川康夫 演出家・脚本家

 映像で「最もつかこうへいらしい作品」といわれるNHKの銀河テレビ小説『つかこうへいのかけおち'83』をめぐる3回目。当初、筆者は脚本を依頼されていたのだが、話は思わぬ方向へ……。(1回目2回目

「長谷川は役者として出しゃいい」

 1983年、春を待つ頃、NHKのディレクター松岡孝治からの思いがけない依頼で始まった「銀河テレビ小説・特別枠」の企画は、難渋の末、なんとかプロットを局に提出するに至った。

 しかし僕の経歴を知ったプロデューサー村上慧による「だったら、つかこうへい作品は?」とのひと言で、あっさり方向転換を迫られることになる。

拡大つかこうへい=1982年撮影
 そこで僕がとっさにひねり出したのが、つかの短編小説『かけおち』だった。そしてそれがそのまま、ドラマ企画として着地してしまうのである。

 今思えば、何の実績もないド素人の僕に、ゴールデンタイムの脚本を任せるという松岡の無謀な発想はともかく、それを受け入れ、GOサインを出した村上の懐の深さ、というより結果を恐れぬ冒険心には敬服するしかない。NHK、それも当時だから許されたのだろう。今ならまず考えられないはずだ。

 ただやっかいなのは、原作者であるつかこうへいの許諾を得なければならないことだった。僕が陰であれこれ画策したと受け取り、つむじを曲げてしまうことは、容易に予想がついた。

 ところが、期待?は見事にはずれ、村上からの連絡を受けたつかはあっさり了解する。それどころか、話は思わぬ方向に展開し、なんと脚本は自分が書くと言い出したというのだ。「長谷川は役者として出しゃいいだろう」と――。

 そんな松岡の電話を、僕はむしろホッとして聞いていた。

 「つかさん、なんだか喜んでたらしい」

 多少困惑気味に報告を終えた松岡だったが、その声はどこか弾んでいた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長谷川康夫

長谷川康夫(はせがわ・やすお) 演出家・脚本家

1953年生まれ。早稲田大学在学中、劇団「暫」でつかこうへいと出会い、『いつも心に太陽を』『広島に原爆を落とす日』などのつか作品に出演する。「劇団つかこうへい事務所」解散後は、劇作家、演出家として活動。92年以降は仕事の中心を映画に移し、『亡国のイージス』(2005年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞。近作に『起終点駅 ターミナル』(15年、脚本)、『あの頃、君を追いかけた』(18年、監督)、『空母いぶき』(19年、脚本)などがある。つかの評伝『つかこうへい正伝1968-1982』(15年、新潮社)で講談社ノンフィクション賞、新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞を受賞した。20年6月に文庫化。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

長谷川康夫の記事

もっと見る