メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「東アジア反日武装戦線」の初心と過ち

韓国発の映画『狼をさがして』は何を描いているか

太田昌国 評論家・編集者

「重大な過ち」の根拠を探り続けた歩み

 「反日」はこうして獲得した新たな認識を、すぐ実践に移そうとした。当時刊行された「反日」の冊子『腹腹時計』から鮮明に読み取れるのは、次の立場だ。「そこにある悪を撃て! 悪に加担している自らの加害性を撃て! やるかやらないか、それだけが問題だ」。政治性も展望も欠いた、自他に対する倫理的な突き付けが、行動の指針だった。「反日」が行った、1974年8月30日、東京・丸の内の三菱重工ビル爆破は、8名の死者と385名の重軽傷者を生み出す惨事となった。

 「反日」にはひとを殺傷する意図はなかった。事前に電話をかけて、直ちに現場を離れるよう警告した。だがそれは間に合わなかった。しかも、なぜか「反日」は三菱爆破の結果を正当化し、死者は「無関係な一般市民」ではなく「植民地人民の血で肥え太る植民者だ」と断言した声明文を公表した。映画の前半部で、この声明文がナレーションで流れる。

 多くの人びとはそこで「引く」だろう。半世紀前の当時もそうだった。それゆえに、彼ら/かの女らは、日本では「テロリスト」や「血も涙もない爆弾魔」の一言で片づけられてきた。

 その責任の一端が、「反日」そのものの言動にあったことは否定し得ない

・・・ログインして読む
(残り:約2423文字/本文:約4537文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田昌国

太田昌国(おおた・まさくに) 評論家・編集者

1943年、北海道生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒。「現代企画室」編集者として人文書を編集する一方、ラテンアメリカの革命運動や南北問題の研究、評論活動を続けている。著書に『さらば! 検索サイト: 太田昌国のぐるっと世界案内』、『〈脱・国家〉情況論: 抵抗のメモランダム2012-2015』、蓮池透氏との共著『拉致対論』など。