メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

『世界のひきこもり』『家族と国家は共謀する』が映す家族という無法地帯

ブラックホールだからこそ見えない暴力

佐藤美奈子 編集者・批評家

『世界のひきこもり』は正論にあらがう

 「ひきこもりの世界」ではなく、「世界のひきこもり」。「ひきこもり」の語から連想する勝手なイメージ──同調圧力への一種の抗いとして起こる、いかにも日本的な現象──と、グローバルな存在だと言いたげな「世界の」という形容がそぐわない気がして、思わず手に取った。『世界のひきこもり──地下茎コスモポリタニズムの出現』と題した本(ぼそっと池井多著、寿郎社)である。

=撮影・筆者拡大ぼそっと池井多『世界のひきこもり──地下茎コスモポリタニズムの出現』(寿郎社)=撮影・筆者
 なるほど、実体験として世界各国の「ひきこもり」の人々と関係しつづけてきた著者を通して眺めることで、読了後には、「ひきこもり」として生きる「世界の」一人ひとりの姿が浮かび上がる。

 自身が「ひきこもり歴35年、『世界ひきこもり機構』(GHO)を創設した」(帯)という50代の著者が、得意の語学を生かし、インターネット経由のインタビューを敢行して成ったのが本書である。

 「『ふつうの人』たちが活躍している地上の社会では、常識が幅を利かせ、正論が掲げられ、クールで手短な言葉が好まれる」。これに対し「ひきこもりたちが地下茎を通じて交信している言葉は、重く不器用で冗々(くどくど)しいことが多い」。「ふつうの人」たちが「面倒くさい」と思って避ける領域にあえて入り込み、感情や思考を「忠実に置き換えよう」とし、「苦悶の果てに絞り出」される言葉だからこそ、「常識をくつがえし、正論にあらがう」。

 それらはまた、「オーダーメイドなので、正論のように大量生産でき」ず、「なかなか人々に受け容れてもらえない」。しかし、だからこそ「自分たちが個々に主体である世界を展開している」。

 こうした「ひきこもり」の人々の言葉を、著者は「真論(しんろん)」と名付ける。「真論」が国境を越え、「地下茎」のように張り巡らされているさまが、本書で描かれるというわけだ。それぞれ立場が異なるだけに──「ひきこもり」をやめたいと切望している人もいれば、能動的に受け容れている人もいる──「団結」はできないものの、彼らのネットワークでは「個別性と多様性が保証され」ている。

 ひきこもりの人々を「治療」や「支援」、「救出」の対象としか見なさない専門家に対して、著者は疑問やアンチの姿勢を隠さない。理由は、彼らが主体を持つ存在であることがそもそも見落とされているからだ。

 実際にフランス、中国、アメリカ、アルゼンチン、インド、イタリア、パナマ共和国、スウェーデン、バングラデシュ、フィリピン、カメルーン、北朝鮮に暮らす(暮らした)「ひきこもり」の人々の生々しい言葉に、本書では触れることができる。「ひきこもり」に至るまでの経緯や現時点での苦悩、率直な思いを吐露する言葉に接することは、読む者をも「自己を見つめる作業」にいざなう。優れた一つの告白、手記に立ち会った感慨を覚えたが、その経験自体が本書を読む醍醐味にもなるはずだ。

Nicole Rerkshutterstock拡大Nicole Rerk/Shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤美奈子

佐藤美奈子(さとう・みなこ) 編集者・批評家

1972年生まれ。書評紙「図書新聞」で記者・編集者をつとめた後、2008年よりフリーランスに。現在、講談社などで書籍編集・ライターの仕事をし、光文社古典新訳文庫で編集スタッフをつとめる。自身の読書の上では吉田一穂、田村隆一といった詩人の存在が大きい。「死と死者の文学」を統一テーマに「古井由吉論」「いとうせいこう・古川日出男論」(各100枚)を『エディターシップ』2、3号に発表。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです