メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

成河&福士誠治インタビュー/下

得体の知れない作品の正体をもっと探っていきたい

橘涼香 演劇ライター


成河&福士誠治インタビュー/上

言葉に力がある栗山演出

──今回10年目のメモリアル公演で、お二人でもう一度というお話があった時にはいかがでしたか?

福士:僕たちはメモリアル公演だとは思っていないです!(笑)

成河:新納(慎也)さんと(田代)万里生君が、メモリアルカムバックで登場なさるので、メモリアルなのはお二人のチームですよね!

福士:一度卒業と言われた新納さんが再び帰ってきてくださることがメモリアルですし、それは僕もとても楽しみにしています。その中でまず10年続いてきたということはとても素敵だなとも思う。それは皆が望む作品になったからこそですし、その記念の上演に我らペアを呼んでいただけて、出演出来ることは光栄だと思っています。

成河:僕は個人的に言えば悔いがひとつも残らない公演ってないんですね。時間が許して機会があるのならば、いつまでもやりたいという思いが元々あるので、お話をいただいた時には、またやれるんだ!と。前回は日本語の曖昧な揺らぎを楽しんでいた一方で、その正体をもっと探っていきたいという思いがとても強くありました。とにかく得体の知れない作品で、上演に際しては絶対に何かをつかんでいなければいけないのですが、その上でもう少し先があるんじゃないのかな? と思っていましたので。

拡大成河(右)&福士誠治=宮川舞子 撮影

──では、更に突き詰める時間を得たという感覚に?

成河:そうです。ありがたいと思っています。

──栗山さんの演出についてはいかがですか?

成河:ひとつの動きをつける時でも、栗山さんが個々の個性に合わせて様々な言葉を与えて下さるのがまずありがたいです。だからいつまでも稽古をしていたいので、時間が足りないなぁとよく思います。ある意味稽古時間との闘いなので、失敗をする時間がないのがもどかしい時もあります。これは2年前にも(福士)誠治と言い合っていたのですが「可愛い子には失敗をさせろ!」と(爆笑)。もちろんタイトなスケジュールの中で、栗山さんは本当に真摯に向き合って下さるのですが。

福士:久しぶりに栗山さんの演出を受けて、やっぱり言葉に力がある方だなと。僕らのチームに対しては演出の方向性はここだとか、ここを目指して欲しいという、前回公演ではいっていなかった角度を取る方法をおっしゃるので、お前たちならという期待を…いや、期待なのかな、「このくらいはやれよ!」ということなのかも知れないですけど(笑)、新しい演出をされているなと感じる瞬間があるので、気負い過ぎずに、こちらからもわからないことはアプローチしていこうと。そう思える空気を作って下さるのが嬉しいですね。

成河:僕らの話をすごく聞いて下さいますし、なんでもウェルカムという姿勢でいて下さるので、演者の希望も遠慮なくぶつけさせて頂いています。

◆公演情報◆
ミュージカル 『スリル・ミー』
東京:2021年4月1日(木)~5月2日(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト
群馬:2021年5月4日(火)~5月5日(水) 高崎芸術劇場 スタジオシアター
愛知:2021年5月15日(土)~5月16日(日) ウインクあいち大ホール
大阪:2021年5月19日(水)~23日(日)  サンケイホールブリーゼ
公式ホームページ
公式twitter
[スタッフ]
原作・脚本・音楽:Stephen Dolginoff
翻訳・訳詞:松田直行
演出:栗山民也
[キャスト]
私役:田代万里生 × 彼役:新納慎也
私役:成河 × 彼役:福士誠治
私役:松岡広大 × 彼役:山崎大輝
ピアニスト:朴勝哲、落合崇史、篠塚祐伴
 
〈成河プロフィル〉
 東京都出身。大学時代より演劇を始める。近年の主な舞台出演作品は、『子午線の祀り』『イリュージョニスト』『Fully Committed』『VIOLET』『ねじまき鳥クロニクル』『タージマハルの衛兵』『人間風車』『髑髏城の七人Season花』『わたしは真悟』『エリザベート』『グランドホテル』など。2008(平成20)年度文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞、第18回読売演劇大賞 優秀男優賞受賞。
公式ブログ
公式ツイッター
 
〈福士誠治プロフィル〉
 神奈川県出身。2002年にドラマデビュー以降、数々のドラマや映画、舞台に出演し、舞台演出も行っている。近年の主な出演作品は、ドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』、『トップナイフ』『スパイラル〜町工場の奇跡〜』、映画『ある用務員』『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』、舞台『OSLO(オスロ)』『おっかちゃん劇場』『忘れてもらえないの歌』など。
公式ブログ
公式Instagram

・・・ログインして読む
(残り:約2895文字/本文:約4827文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

橘涼香の記事

もっと見る