メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

呉座勇一氏が溺れた「フェミ・リベラル叩き」というマノスフィアの“沼”

女性を見下す快感を求めて肥大するネット内ボーイズクラブ

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 歴史学者の呉座勇一氏が、Twitterのアカウントで、英文学者の北村紗衣氏等に対するハラスメントと誹謗中傷を長年にわたって繰り返していたことが発覚し、大きな問題になっています。

 呉座氏は、『応仁の乱──戦国時代を生んだ大乱』等のベストセラーもあり、2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証担当という大役に抜擢される(3月23日に降板)等、活躍著しい歴史学者です。

 そのような知識人が、アンチフェミニズム・アンチリベラル派のネット論者とコミュニケーションを密にしながら、女性バッシングやリベラル派バッシングを繰り広げる「エコーチェンバー」にどっぷりと入り込んでいました。
(※なお、彼らが言う「リベラル」とは、社会の不合理を知性によって変革していこうとする思想「進歩主義」を持つ人々という意味に近いのですが、ここではそれを訂正することなく、彼らの定義を踏襲して話を進めます)

歴史学者の呉座勇一氏拡大歴史学者で国際日本文化研究センター助教の呉座勇一氏

「ネットミソジニーカルチャー」の特徴

 インターネット上(主にTwitter)で、女性差別に声を上げる女性、フェミニズム、リベラル派に対するバッシングを“娯楽”とするカルチャーは、匿名アカウントを中心に以前から存在したものの、近年その勢いを増しています。

 彼らは「女尊男卑社会で虐げられている僕たちは被害者」「リベラルは所詮欺瞞」といった観点で、フェミニズムや進歩主義的視点から社会の不合理を批判する人々に対し、誹謗中傷、デマの流布、シーライオニング(Sealioning=一見礼儀正しく振る舞いながら嫌がらせ目的で粘着すること)を繰り返します。

 そして、こうした自分たちの言動を批判されると、「ヒステリック」「感情的」「お気持ち」というトーンポリシングや、「対話する気がない」「対立を煽っている」「分断を進めている」「だからフェミ・リベラルは世間に受け入れられない」というレッテルを貼って、仲間内で嘲笑するのが、彼らの典型的な行動パターンです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る