メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「週刊文春」などへの言論封圧と東京オリンピック神聖化を危惧する

野上 暁 評論家・児童文学者

 政府が緊急事態宣言を解除したのをまるで待ち受けていたかのように、新型コロナウイルスが再び猛威を振るい始め、6都府県の地域に急遽「まん延防止等重点措置」を採らざるを得ない状況となった。

 このような中で、東京オリンピックの聖火リレーが3月25日に福島からスタートして日本列島を継走中だが、感染者数が急増している大阪府は全域中止となり、代替措置として吹田市の万博記念公園内を無観客で実施することになったという。

 感染者が全国的に増加傾向にある中で、有名人ランナーの走行を見ようと沿道に観客が殺到すれば、更に感染者が増える恐れが多分にある。にもかかわらず、聖火リレーを強行するのはなぜか。オリンピック開催可能性を海外にアピールしたいからか、感染者数を把握するPCR検査体制の強化を国も東京都も避け続けてきた。コロナ禍で自粛を強いられる国民の鬱屈した気分を払拭するために、「コロナに打ち勝った東京五輪」などと、オリンピックを政治利用してきたようにも思える。

聖火ランナーとして走るレスリング五輪金メダリストの吉田沙保里さん=2021年4月7日、三重県津市北河路町 拡大「密」のなか、聖火ランナーとして走る五輪金メダリスト(レスリング)の吉田沙保里さん=2021年4月7日、三重県津市北河路町

 そもそも、こんな状況でオリンピック開催そのものが可能なのか? 各紙の世論調査でも、7割前後の人たちが中止か延期を望んでいるというのに何とも理解しがたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野上 暁

野上 暁(のがみ・あきら) 評論家・児童文学者

1943年生まれ。本名、上野明雄。小学館で子ども雑誌、児童図書、文芸書、学術書などの編集部門を担当。著書に『おもちゃと遊び』(現代書館)、『「子ども」というリアル』『日本児童文学の現代へ』(ぱろる舎)、『子ども学 その源流へ』(大月書店)、『越境する児童文学』(長崎書店)など。編著に『わたしが子どものころ戦争があった――児童文学者が語る現代史』(理論社)、『子どもの本ハンドブック』(三省堂)、『いま子どもに読ませたい本』(七つ森書館)など。日本児童文学学会会員。日本ペンクラブ常務理事

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです