メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

車いす“乗車拒否”問題はJRの努力不足が要因。伊是名氏批判も一種の障壁

社内周知と情報ロジスティックスの整備を急げ

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 コラムニスト・伊是名夏子氏の『JRで車いすは乗車拒否されました』というブログの文章が、インターネット上で大きな波紋を広げています。

 電動車いすを利用する伊是名氏は、静岡県熱海市の来宮神社へ旅行をしに行く際に、小田原駅で来宮駅までの車いす対応をお願いしたところ、駅員から「来宮駅は階段しかないのでご案内ができません」と断られたとのことです。

 熱海駅の駅長が特別に対応したために、結果的に伊是名氏は来宮駅まで行くことができたのですが、それはあくまで特別対応に過ぎず、基本的に車いすユーザーが来宮駅を利用できない状況は何ら変わらないため、ブログで問題提起をしたという流れです。

コラムニスト伊是名夏子さんのブログ拡大伊是名夏子さんのブログ

 これに対して、伊是名氏のアクションを支持する人々が、「#伊是名夏子さんを支持します」というハッシュタグをつけてTwitterに投稿し、トレンド入りしました。一方で、伊是名氏のアクションを批判する投稿も非常に多く見受けられます(ここでは紹介しませんが、誹謗中傷、人格攻撃、差別発言、陰謀論等も溢れ返っており、それらは決して許されるものではありません)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

勝部元気の記事

もっと見る