メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

車いす“乗車拒否”問題はJRの努力不足が要因。伊是名氏批判も一種の障壁

社内周知と情報ロジスティックスの整備を急げ

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

障害者差別解消法で求められる鉄道の「合理的な配慮」とは

障害者差別解消法の施行を祝うパレード。参加者は繁華街で「全ての人にやさしい社会を」などと声を上げた=東京都 2016年3月31日拡大障害者差別解消法の施行を祝うパレード=2016年3月31日、東京都内

 このようなケースを考える上で絶対におさえておかなければならないのは、2016年4月に施行された「障害者差別解消法」でしょう。

 この法律では、国や地方公共団体に対して、状況に合わせて適切な配慮を行う「合理的な配慮」により、社会的障壁を取り除くことが法的義務として課されています(民間事業者は努力義務)。

 これに合わせて、「公益財団法人・交通エコロジー・モビリティ財団」が発行した交通事業者や利用者向けのパンフレット2016年版には、合理的配慮を提供するための検討フローとして、以下のことが書かれていました。

「できない」と判断する前に、どうすれば対応できるかを考えることが重要であり、利用者との協力により解決策を考える姿勢が求められてます。「過度な負担だから対応しなくてよい」と安易に考えることは問題の解決につながりません。

 翌2017年、奄美空港で車いすの乗客に自力でタラップを上がらせる対応を取った格安航空会社(LCC)バニラ・エアの問題では、この法律が効力を発揮し、バニラ・エアは障害者差別解消法に違反していると批判され、謝罪しています。

小田原駅の対応は合理的配慮を十分行ったものと言えるか

 では、はたして小田原駅での対応は、障害者差別解消法に沿うものだったのでしょうか? 今回の件で、近隣の熱海駅に車いす対応ができるキャパシティーがあることは判明しました。もちろん、いつでも対応可能ではないと思いますが、工夫すれば可能だったわけです。

 ところが、伊是名氏のブログを見る限りでは、小田原駅は「熱海駅は一切そのような手配は行っておりません」と、実際とは異なる情報を提供しています。どうすれば対応できるか、解決策を考える姿勢とは思えません。

 朝日新聞GLOBE+の記事で、JR東日本横浜支社広報室は「介助が必要なお客さまが無人駅等をご利用になる際、駅係員を手配して介助させていただいています」と回答していますが、当初はそれと矛盾した対応をとっていました。「ご説明が十分でなかった」と釈明していますが、実際は「ご説明が不適切だった」のではないでしょうか?

「事前連絡すればいい!」というのは

 一方で、伊是名氏に対して、「小田原駅に事前に連絡すればよいだけで、しなかったあなたが悪い」という批判が多々あります。ですが、

・・・ログインして読む
(残り:約3423文字/本文:約4942文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

勝部元気の記事

もっと見る