メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! エリック・ロメール特集(下)――豊潤なエロス、<偶然/賭け>…

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 今回は前回につづいて、エリック・ロメール「六つの教訓話」中の2作を中心に取り上げ、その他の公開作品は<付記>としてコメントしたい。

『コレクションする女』(1967、「六つの教訓話」第4話、長編、カラー)

『コレクションする女』拡大『コレクションする女』 ©Eric Rohmer/LES FILMS DU LOSANGE

 タイトルの“コレクションする女”(「誰とでも寝る女」の意味)からも察せられるように、ロメール的エロチシズムが耐え難いほどの強度で画面を席巻し(とはいえ露骨なポルノグラフィックな描写はゼロ)、またキュートで奔放なショートカットの若い女、アイデ(アイデ・ポリトフ)に惹かれる、主人公アドリアン(パトリック・ボーショー)の優柔不断が、例のモノローグによって滑稽かつスリリングに描かれる、ロメールの出世作。

 そして、前回紹介した『モンソーのパン屋の女の子』や『シュザンヌの生き方』同様、アドリアン(「ぼく」)の内的モノローグが軸となる『コレクション』でも、蠱惑(こわく)的なヒロインのアイデは、アドリアン/「ぼく」にとって終始「謎の女」だ。

 アドリアンは、アイデが何を考え、誰と関係しているのか、さっぱりわからない。したがって、本作でもまた、考えすぎる男に対して、ヒロインは考えすぎない女、あるいはひょっとすると「何も考えていない」女、かもしれない。

 ただしロメール映画のヒロインたちは、フィルム・ノワールの<宿命の女/ファム・ファタール>のように、男を破滅の淵に誘う<悪女>ではない(ちなみにファム・ファタール映画の傑作、ダニエル・シュミット監督の『ヘカテ』(1982、デジタル・リマスター版)も、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマでリバイバル上映されているが、この映画については、2014・07・17、07・23の本欄参照)。

ファム・ファタール映画”の傑作、『ヘカテ』の魔力
“ファム・ファタール映画”の傑作、『ヘカテ』の魔力(続)

 また『コレクション』は、多くのロメール映画がそうであるように、恋愛映画である以上に<恋愛論映画>であり、ロマンチックな恋愛場面よりも、人物たちが恋愛やセックスについて饒舌に語るシーンのほうがずっと多い(ロメールは恋愛映画において、登場人物にアイロニカルな距離を取ることで、メロドラマを周到に拒否している)。

 たとえば序盤の或るシーンでは、恋と外見の美醜の関係について、人物たちは様々な意見を交わす。──好きになったら醜男(ぶおとこ)も魅力的に見える、と一人の女が言えば、自分は醜い男には魅力を感じない、カフェで5分だけ話すのも嫌、醜男だってことは他人に対する侮辱よ、とかなんとかキワドイ言葉をもう一人の女が返す(ロメール独特の演技設計により、人物たちはあまり抑揚のない自然な口調でしゃべる。よってそれらの会話場面では、エスプリの利いた内容の面白さとともに、聴覚的な快をも堪能できる)。

 もうひとつ、この映画のカメラを担当したネストール・アルメンドロス(1930~1992)は、本作が撮影監督としての長編デビュー作だが、このスペインの名カメラマンがとらえた、南仏のまばゆい陽光を反射する海面、ビキニ姿のアイデ・ポリトフの日に焼けた悩殺的な裸身、緑濃い草木などの映像は、まさしく眼福というほかない美しさだ(アルメンドロスは自然光による撮影を得意とした)。<★★★★★>

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る