メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

橋田壽賀子さんは「NOと言える脚本家」であり続けた

ペリー荻野 時代劇研究家

 4月4日に95歳で亡くなった橋田壽賀子さんは、誰もが認める名シナリオライターだった。「となりの芝生」「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など、その作品は日本のテレビ史に残る名シリーズだ。

 私はその足跡を尋ねる取材を幾度かしてきたが、そこで強く感じたのは、「書いたこともすごいが、書かなかったこともすごい」。自分には書くべきこと、書きたいことがあり、それ以外の仕事はしない。「NOと言える脚本家」であり続けたということだ。

 口で言うのは簡単だが、それを実行することがどれほど大変だったか。「局や視聴者の意見はぜーんぜん関係ない(笑)。あったかく書くか、辛口に書くかも自分で決めます。シナリオライターになったばかりのころは、いろいろと注文も受けましたよ。でも、頭にきちゃって」とご本人はユーモアを交えて語られたが、時代背景を考えれば、よほどの努力と精神力が必要だったはずだ。

橋田壽賀子さん拡大脚本家・橋田壽賀子さん(1925─2021)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ペリー荻野

ペリー荻野(ぺりー・おぎの) 時代劇研究家

1962年、愛知県生まれ。大学在学中よりラジオパーソナリティを務め、コラムを書き始める。時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」のプロデュースや、「チョンマゲ愛好女子部」を立ち上げるなど時代劇関連の企画も手がける。著書に『テレビの荒野を歩いた人たち』『バトル式歴史偉人伝』(ともに新潮社)など多数。『時代劇を見れば、日本史はかなり理解できる(仮)』(共著、徳間書店)が刊行予定

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ペリー荻野の記事

もっと見る