メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

劇場に集い、考える。様々な人生、若者の希望、震災、原発……

「いわきアリオス」での歩みを振り返る【下】

萩原宏紀 演劇制作者、いわき芸術文化交流館アリオス企画制作課

若者たちに様々な選択肢を示す

拡大「いわきアリオス演劇部」のメンバー=吉田和誠撮影

 2017年からは、若い人材の育成にも力を注いでいる。

 「いわきアリオス演劇部」と称して、高校生たちがプロの劇作家の指導を受け、演劇の台本を書き、自分たちの力で上演する活動を3年間続けた。講師は、東京で活動する劇作家・演出家の三浦直之氏と、福島市で活動する同じく劇作家・演出家の大信ペリカン氏の2人に担当していただいた。演劇界の第一線で活躍する三浦氏と、福島市で20年以上、劇団を続けてきた大信氏の2人に講師をお願いしたのは、高校生たちが将来、演劇に関わっていきたいと思ったときに、様々な選択肢があることを知ってもらいたかったからだ。

 東京と福島では演劇を取り巻く環境は大きくことなる。地元を離れて東京などで懸命に夢を追うことは素晴らしい。一方で、地元での生活を大切にしながら、家族や仕事を中心に据えつつ、その余暇で演劇活動に取り組むことも、演劇の豊かさのひとつである。道はひとつではない。いや、道などないのかもしれない。ただ、自分が歩みたいと思った道を、自分の足できちんと歩めるようになるための手助けを、「いわきアリオス演劇部」では行ってきた。

 この「いわきアリオス演劇部」は、今年より対象を高校生から30歳以下に広げて、さらにパワーアップして継続していく。今後もこの活動にご期待いただけると嬉しく思う。

 演劇鑑賞事業についても触れておきたい。

・・・ログインして読む
(残り:約2681文字/本文:約4675文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

萩原宏紀

萩原宏紀(はぎはら・ひろき) 演劇制作者、いわき芸術文化交流館アリオス企画制作課

1984年大阪市生まれ。2005年、近畿大学文芸学部芸術学科演劇・芸能専攻劇作・理論コース在学中に「劇想空飛ぶ猫」を旗揚げ、2010年の解散まで全作品の作・演出を担当する。東京都杉並区の「座・高円寺」劇場創造アカデミー第1期修了。2009~11年「劇団劇作家」にも所属。2012年より、いわき芸術文化交流館アリオスに勤務。現在は企画制作課の演劇・ダンス事業グループ チーフ。福島市にて「アトリエ ブリコラージュ」の運営にも携わる。

萩原宏紀の記事

もっと見る