メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

笑いの芸、怒りの芸、涙の芸、出自が生んだ特色

近くて違う日本の「語り芸」について【下】

玉川奈々福 浪曲師

 落語、講談、浪曲。三つの語り芸についてつづった後半です。前半はこちら

都会派の落語、天下の記録を読む講談

 それにしても、なんで、落語と講談と浪曲が、どこかで融合しちゃわなかったんでしょうね。それぞれ、物語を語る芸だけれど、内容的にはどう違うんでしょうね。

 落語は、なんといっても「笑い」です。

 落語は、笑いという入り口があるから、敷居が低くっていいなあとうらやましいです。落語は、江戸時代に、江戸や京都、大阪といった大都市で、仏教のお坊さんのお説教にからめての笑い話や、大道芸の芸人などが始めた笑い話から始まったらしいです。

 講談は、天下のご記録読み、とも言われて、歴史的なことを扱うものが多いです。

 もともとは、戦国時代の大名、お殿様に仕えて、たとえば「太平記」などの戦いの記録を語って聞かせていたお伽衆が起源であるとうかがいました。お武家から生まれた芸らしい。だから口調も、落語にくらべると、格調高い、というか……格式ばっている、というか……カタイ、というか……いや、実にそれがカッコイイ。演題により、いろんな語り口調がありますが、ただ、お武家から生まれて、戦いにまつわる「怒り」が、講談にはあると言われているようです。

 かたや、浪曲は、明治時代に生まれたのですけれど、突然生まれたわけではなくて、江戸時代までは、大道芸だったそうです。

拡大奈良市で無形文化財として継承されている「祭文語り」が天満神社に奉納される様子=2017年撮影
 山伏の恰好をして、ほら貝や錫杖を手にして節をつけながら語る「祭文」や、江戸中期に起こった「説経祭文」。上方ではやっていた「ちょんがれ」、小さな木魚を鳴らしながら語る「阿呆陀羅経」……そういうものたちが、ご先祖のようです。

 ところが、ご一新後、明治政府が大道芸を禁止し、活動するには組合を作って「鑑札」をもらわなければならなくなった。そこで、大同団結して、「浪花節」という名称で鑑札を受けたのがはじまりです。

 大道芸出身だから、道ゆく人の足を止めて、物語に引き込み、その上に懐から胴巻きを出してお金を出させなければならない……がために、極端な声を出し、振り絞るような芸をした……のが、いまも芸の特徴として残っているのだと思います。

 その日の日銭で暮らしていたのでしょうから、貧しかっただろうし、貧しい人たちの心に寄り添ってきたものだから、涙を誘うような物語が本来多かったようです。ちょっと前までは「お涙頂戴」と言われていたように、浪曲は本来、「涙の芸」なのかもしれません。

拡大舞台でうなる玉川奈々福と曲師・沢村豊子=御堂義乗撮影

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

玉川奈々福

玉川奈々福(たまがわ・ななふく) 浪曲師

横浜市生まれ。出版社の編集者だった94年、たまたま新聞で浪曲教室のお知らせを見て、三味線を習い始め、翌年、玉川福太郎に入門。01年に曲師から浪曲師に転じ、06年、玉川奈々福の名披露目をする。04年に師匠である福太郎の「徹底天保水滸伝」連続公演をプロデュースして大成功させて以来、数々の公演を企画し、浪曲の魅力を広めてきた。

玉川奈々福の記事

もっと見る