メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

笑いの芸、怒りの芸、涙の芸、出自が生んだ特色

近くて違う日本の「語り芸」について【下】

玉川奈々福 浪曲師

旅ゆけば……ドラマが起きる

 先日のお仕事は、「浪曲広小路亭」でした。

 上野広小路の交差点にある上野広小路亭で、月に一回開催される、浪曲の寄席だったのですが。

 この日のテーマは「関東節で語る東海道中」。

 旅のお話を四席並べました。

・・・ログインして読む
(残り:約1520文字/本文:約2817文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

玉川奈々福

玉川奈々福(たまがわ・ななふく) 浪曲師

横浜市生まれ。出版社の編集者だった94年、たまたま新聞で浪曲教室のお知らせを見て、三味線を習い始め、翌年、玉川福太郎に入門。01年に曲師から浪曲師に転じ、06年、玉川奈々福の名披露目をする。04年に師匠である福太郎の「徹底天保水滸伝」連続公演をプロデュースして大成功させて以来、数々の公演を企画し、浪曲の魅力を広めてきた。

玉川奈々福の記事

もっと見る