メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「紀州のドン・ファン」の元妻逮捕、筋が悪いんじゃないの?

青木るえか エッセイスト

 紀州のドン・ファンの元妻逮捕!

 なんで今ごろ。誰か期待してたか?

 3年前にこの事件が起きた時、当欄(「紀州のドン・ファン事件、真相をシロウト推理する」)でいろいろ感想を書いたが、その時から「面白おかしく騒いでるけど、これは逮捕までは至らないんではないか」と思っていた。それが、忘れた頃の今ごろ逮捕。

野崎幸助さん=2018年2月拡大「紀州のドン・ファン」野崎幸助さん=2018年2月

 コロナ失政の目をそらすために逮捕をぶつけてきたのかとか勘ぐるツイートなども見かける。でも、和歌山県警がそこまで政府の下請け商売みたいなことをするだろうか。ツッコミつつも、コロナ関連のニュースをやるべき時間にこのニュースが流れたりすると「これもそういうことなのか」と思う。

 でもなあ。正直、それほどテレビ的に盛り上がっていない。この、盛り上がらないのが、「ムリヤリ逮捕した」感をいや増しているかもしれない。

 週刊誌に「ドバイに高飛び」の説が出たから「飛ばれる前に捕れ」で逮捕に至った、というのも巷間言われている。でも週刊誌がそういうことを書くというのは、警察が「元妻の身柄を押さえる」という情報を小出しにしてきたから記事が出たとも考えられるしなあ。となるとやっぱり和歌山県警が「今を狙って身柄を取りにきた」ということなのか。

 しかし逮捕するというからには何かすごい証拠が挙がったんだろう、と新聞やテレビの報道を見てみたら、「……3年前と状況変わってなくないか? これ、筋が悪いんじゃないの?」。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

青木るえかの記事

もっと見る