メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

テレビドラマの中にあった、つか演劇の「本質」

『つかこうへいのかけおち'83』⑥

長谷川康夫 演出家・脚本家

「つかこうへい芝居」を今に伝える映像

 さて、1983年のNHKドラマ『かけおち'83』について、あれこれ書き連ねて来たが、僕の評価が高すぎることに鼻白む人は多いに違いない。(前回はこちら

 つかこうへいの映像化された作品の中、観るべきものはこれに尽きる、とまで言い切るのだから、他の作品に携わった方々なら、なおさらだろう。

拡大つかこうへい=1986年撮影
 それでも僕がこの『かけおち'83』にこだわるのは、1970年代から80年代の初めにかけて、ひとつの〝伝説〟となるブームを巻き起こし、演劇界を席巻した「つかこうへい芝居」とはいかなるものだったかを、かろうじて映像作品として今に伝えてくれるのが、この作品であるとの思いが、ここに来て、いっそう強くなっているからだ。

 本連載で『かけおち'83』に触れた第1回に、春風亭昇太氏がこのドラマを紹介した2016年の番組によって、三十数年ぶりにその一部を観ることが出来たと書いた。

 だが実は今、僕の手元には『かけおち'83』20分5話分の、完パケと呼ばれるオンエア用映像をダビングしたDVDがある。思いがけず手に入ったものだが、それに何度も目を通し、僕は一観客としても、また現在の仕事に身を置く人間としても、正直、その面白さに驚いた。そしてこの作品への、自分がどこか忘れてしまっていた評価に、今さらながら自信を持ったのだ。その上で、原稿に手をつけたわけである。

 自分がメインの役どころで出演していることが自慢で、それを知ってもらいたいだけだろうと思われるかもしれない。いや、40年近く経っているのだ。そんな気持ちはさらさらない。あくまでも客観的な評価だと信じて、書き進めることにする。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長谷川康夫

長谷川康夫(はせがわ・やすお) 演出家・脚本家

1953年生まれ。早稲田大学在学中、劇団「暫」でつかこうへいと出会い、『いつも心に太陽を』『広島に原爆を落とす日』などのつか作品に出演する。「劇団つかこうへい事務所」解散後は、劇作家、演出家として活動。92年以降は仕事の中心を映画に移し、『亡国のイージス』(2005年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞。近作に『起終点駅 ターミナル』(15年、脚本)、『あの頃、君を追いかけた』(18年、監督)、『空母いぶき』(19年、脚本)などがある。つかの評伝『つかこうへい正伝1968-1982』(15年、新潮社)で講談社ノンフィクション賞、新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞を受賞した。20年6月に文庫化。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

長谷川康夫の記事

もっと見る