メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

吉村大阪府知事の高評価とポストトゥルース時代(上)~感染悪化とテレビ

木村涼子 大阪大学大学院人間科学研究科教授

ファクトでみる大阪のコロナ対策

表2 新型コロナウイルス死者数の高い5都道府県の数字

(2021年5月4日までの累計、筆者作成)拡大【表2】 新型コロナウイルス死者数の高い5都府県の数字(2021年5月4日までの累計、筆者作成)
 大阪の新型コロナ感染は最近になってはじめて悪化したわけではない。昨年からずっと深刻な状態にあった。2021年5月4日までの累計感染者数および死亡者数では、大阪は東京に次いで2位であるが、10万人あたりの死亡者数を計算すると1位となる。感染者が多いだけでなく
・・・ログインして読む
(残り:約879文字/本文:約2182文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木村涼子

木村涼子(きむら・りょうこ) 大阪大学大学院人間科学研究科教授

1961年生まれ。1990年、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得退学。大阪大学大学院人間科学研究科教授。博士(人間科学)。専門は、近代日本におけるジェンダー秩序、ジェンダーと教育研究など。『<主婦>の誕生――婦人雑誌と女性たちの近代』(吉川弘文館)、『学校文化とジェンダー』(勁草書房)など著書多数。