メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「東京五輪への看護師500人派遣要請に怒っています」

日本赤十字看護大学名誉教授の川嶋みどりさんに聞く

鈴木理香子 フリーライター

 新型コロナウイルスの第4波が押し寄せ、東京五輪の開催をめぐって議論が起こっているなか、新たな問題が露呈した。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が4月26日の会見で、オリンピック・パラリンピック期間中に500名もの看護師を派遣するよう日本看護協会に求めたことを明らかにしたのだ。これに憤りを覚えるのが、看護専門職有志が集まる「看護未来塾」の世話人の一人で、日本赤十字看護大学名誉教授の川嶋みどりさんだ。なぜ看護師の派遣に反対するのか、その理由を語っていただいた。

 「(派遣は)ありえない。助けてください」

 これは、大学病院に勤務する中堅看護師から私に送られてきたメールの冒頭部分です。届いたのは4月末で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、組織委員会)が日本看護協会に対して、看護師500人を確保するよう依頼したことが報道されたタイミングでした。

 この看護師は、第1波のときからICU(集中治療室)の新型コロナウイルス感染症患者を受け持っています。共にコロナと闘ってきた親友の看護師を失いながらも、患者のためにと賢明に看護を続けています。その彼女が今、怒りの気持ちでいっぱいなのです。ご本人の了承を得てメールの概要を一部紹介します。

 「(報道を知って)私たち看護師はカンカンに怒っています。病院はめちゃめちゃです。私たち看護師は心身共に限界です。私もこのままでは看護師をやめたくなりそうです。患者さんを大好きな気持ちだけでは耐えられなくなりました」

川嶋みどり

日本赤十字看護大学名誉教授

1931年生まれ。日本赤十字女子専門学校卒業。日本赤十字社中央病院看護師20年、その後、健和会臨床看護学研究所、日本赤十字看護大学学部長などを経て現職。2007年、顕著な功労のある看護師に与えられる「ナイチンゲール記章」を受章。著書に『看護の羅針盤 366の言葉』(ライフサポート社)、『看護の力』(岩波新書)など多数拡大川嶋みどり・日本赤十字看護大学名誉教授 
 国内の日々の新規感染者数が7000人を超える日もあるなか、重症者数も第3波を超えて過去最高となり、関西では命の選別ともいえるトリアージ(緊急度に応じて搬送や治療の優先順位を決めること)が必要になるほど、医療は逼迫しています。

 この状況下での看護師500人の要請です。派遣時期は五輪・パラリンピック開催期間の7月中旬から9月初旬で、今すぐ派遣するものではありませんが、その頃にコロナが落ち着いているという確証はどこにもないのです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木理香子

鈴木理香子(すずき・りかこ) フリーライター

TVの番組製作会社勤務などを経て、フリーに。現在は、看護師向けの専門雑誌や企業の健康・医療情報サイトなどを中心に、健康・医療・福祉にかかわる記事を執筆

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです