メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

鈴木瑛美子インタビュー(上)、新作ミュージカル『PARTY』で主人公を演じる

ホリプロ「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」無料動画配信中!

真名子陽子 ライター、エディター


 2020年、新型コロナウイルス感染拡大のためエンターテインメントのほとんどがストップした。そんな中、止まらずに未来へ向けて前進すべく“逆風の時こそ新しい挑戦を!”をテーマに、日本から世界に向けたオリジナルミュージカル創作を目指し、新たなクリエイターとの出会いの場となる「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」を始動したホリプロ。音楽・脚本の2部門で500以上の応募が世界中から集まり、その中から選び抜かれたクリエイターを起用し新たな作品を文化庁が推進する文化芸術収益力強化事業の一環として発表することとなった。

 その一つが、ブロードウェイで活躍するジェイソン・ハウランドの楽曲を使い、脚本部門で選出された横山清崇が新たな作品として生み出した新作ミュージカル『PARTY』。劇場での公演を目指して新作ミュージカルのパイロット版を制作し、普段は公開されることのないリーディングワークショップを公開するという、今後の新作創作過程の新たな第一歩となる新しい形で無料動画を配信している。

 また、ワークショップの撮影方法は、自由視点映像及びマルチアングル映像をWEB配信出来る特許技術SwipeVideo(スワイプビデオ)の協力を得て、約30台の携帯カメラを使用し撮影。視聴者がスワイプする事で自由に視点をスイッチングしながら視聴できる。

 この新しい挑戦に豪華キャスト、次世代のスタッフが集結。その主人公ユリ(泉百合子)役を演じた鈴木瑛美子に話を聞いた。高校1年生で「全国ゴスペルコンテスト(ゴスペル甲子園)」ボーカル部門で優勝し、2019年にメジャーデビューした鈴木は、2020年にミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~』キャンディ役、ミュージカル『RENT』モーリーン役と立て続けに出演し、今作でも魅力的な声質に圧倒的歌唱力が合わさり、その存在感を存分に放っている。

ずっと聞いていたいしずっと聞いていられる

拡大鈴木瑛美子=宮川舞子 撮影

――今回、「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」の話を聞いた時、どんな感想を持たれましたか?

 このプロジェクトのことは知っていて、新しい試みをしようとされていることがとても素敵だなと思っていました。お声がけいただいたときはまだ台本を読む前だったのですが、是非参加させていただきたいとすぐにお返事をさせていただきました。

――迷わずに返事を?

 はい、まったく迷わなかったです。

――その後に台本を読まれていかがでしたか?

 なんて今の時代にぴったりなお話なんだろう! と思いましたし、絶対に出演したいという気持ちが固まりました。最初に読んだ時に泣いちゃったんです。楽曲もいただいていたので、曲を流して歌詞を見ながら、登場人物を想像しつつ読みました。親子の話や芸能人の話、SNSに特化した人の話など、登場人物それぞれの物語の中に自分に当てはまるところが多かったですし、人との関わりがあるからこそ起こる出来事や思いがあって、その気持ちがとてもリアルで、たくさん泣きました。でもそれをミュージカルとして明るく表現されていて、とても素敵な作品だなと思います。

拡大鈴木瑛美子=宮川舞子 撮影

――いろんなタイプの楽曲がありますよね。

 どの曲もめちゃくちゃかっこいいですよね。歌っていてとても楽しいですし、いろんなジャンルの楽曲があるので、ずっと聞いていたいですしずっと聞いていられます。次はどんな曲だろう?とワクワクしながら聞いていました。

――確かに、次はどんな曲だろう? とワクワクしました。その中でお気に入りの曲はありますか?

 ユリが歌う曲はすべてお気に入りなので、それ以外で言うと、オーランドとブリトニーが歌っている曲が大好きなんです。二人が歌うとすごくテンションが上がって、自分は歌っていないのにどんどん楽しくなって、心の中で「イエ~イ!」ってなっていました(笑)。

◆公演情報◆
ミュージカル 『PARTY』
・視聴方法:
SwipeVideo(マルチアングルver.)
YouTube(カット割りver.) 
公式ホームページ
 
[スタッフ]
作曲:ジェイソン・ハウランド
脚本・歌詞:横山清崇
演出:元吉庸泰
音楽監督:竹内聡
[出演]
鈴木瑛美子、加藤和樹、伊礼彼方、石川禅
樋口麻美、廣瀬友祐、May’n、小野田龍之介
髙橋颯、東山光明、五十嵐可絵、山﨑玲奈
 
〈鈴木瑛美子プロフィル〉
 幼少期から家族と共に音楽に囲まれる環境のもと、7歳の時から作詞・作曲も始め、様々なステージ、テレビ出演やCD音源収録にも参加する。2015年高校1年生の時「全国ゴスペルコンテスト(ゴスペル甲子園)」にてボーカル部門優勝。2016年「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」にて“最強ゴスペル女子高生”として話題となる。2019年「FLY MY WAY / Soul Full of Music」にてメジャーデビュー。2020年、配信EP「After All」をリリース。舞台出演作品は、『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~』、『RENT』。8月にミュージカル『ジェイミー』への出演が決まっている。
公式ホームページ

・・・ログインして読む
(残り:約1004文字/本文:約3162文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る