メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新垣結衣&星野源の結婚で、文化(と少し政治)をつれづれなるままに考えた

矢部万紀子 コラムニスト

 このたびの緊急事態宣言のおかげで、夕飯は家で食べるほかなくなった。昭和な人間なので、食事の時はテレビ。19時からはNHKのニュース。見るたび暗くなる。新型コロナウイルスの勢いは衰えないし、ミャンマーでもガザでも罪なき人々が殺されている。だからビール片手に半目で見ている。

 ところが5月19日、半目がバチっとあいた。なんと、新垣結衣さんと星野源さんの結婚が取り上げられているではないか。「心の広い感じの方たちなので、幸せな家庭を築いていってくれると思います」などと、若者が渋谷の交差点で語っていた。

 NHK、談話まで取りに行くとは。というのは元新聞記者の感想だが、かなりの力の入れようだ。「星野さん=紅白歌合戦の常連」「ガッキー=来年の大河ドラマ出演」という大人の事情もあるかも。とはいえ、連日の暗い「ニュース7」がそこだけ明るくなった。NHKも渋谷の若者も、みんなが2人の結婚を喜んでるのね。と、素直になることに。

 22日の「ワイドナショー」(フジテレビ)では、松本人志さんが「僕らの世代で言ったら、(山口)百恵ちゃんと三浦友和さんみたいな」と言っていた。百恵&友和といえば「赤いシリーズ」、ガッキー&源といえば「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)。趣はまるで違うけど、どちらも「社会現象」になった。ガッキー&源、国民的スターの勢い。

「逃げ恥」「星野源」「新垣結衣」とともにつぶやかれた言葉。SNS分析ツール「ブランドウォッチ」を使って抽出した拡大新垣結衣さんと星野源さんの結婚発表後、ツイッターでつぶやかれたフレーズやハッシュタグ(SNS分析ツール「ブランドウォッチ」を使って抽出)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る