メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

東京五輪の強行と「オリンピック貴族」につながる大学スポーツの特権化

三島憲一 大阪大学名誉教授

 日本で戦後に肥大化したのはスポーツと服飾産業だ。戦争直後は同好会的な側面が強かったのに、次第に学校スポーツを通じて巨大な組織へと肥大化してきた。

 県大会、高校選手権、インカレ、全国大会、国際大会、世界選手権、そしてオリンピック。施設も立派になり、ロゴマークやユニホームなど付加価値が増大してきた。服飾産業も、着るものがあれば生きていけるのに、さまざまな付加価値をつけて、グローバルな産業となり、スポーツ産業とも相互乗り入れをしている。選手は背後のスポンサーやクラブ・オーナーの金儲けの格好の手段だ。その頂点がオリンピックだ。

/Shutterstock.com拡大Simone Hogan/Shutterstock.com

 それは日常の些細な動きにもみられる。私立大学で教員をした者には共通の経験があるはずだ。ときどきだが、授業の前後に学生から1枚の紙を手渡された経験だ。そこには例えば、「6月15日から30日まで表記学生は合宿に参加するので授業の欠席に関してよろしくお取り計らいください」といった趣旨の文章があり、最後に、卓球部顧問、馬術部顧問などとして、教員の名前が記され、多くの場合はハンコが押してある。なんだって、部活動なら欠席していいと、教員が認めているのか?

 こういうとき私自身は、「欠席は欠席。この紙はもらっておくけど、期末の成績で特に配慮することはあり得ません」と答えることにしていたが、なんとなく具合の悪い感覚にとらわれる。

 実際、大学によっては運動部の学生はほとんど出席しなくても卒業できるようだ。テレビで放映されるレベルのラグビー、アメフト、水泳や陸上、そして野球や駅伝などの選手たちの練習時間を考えたら、彼らが定期的に授業に出ているわけがない。参考文献を読み、宿題をし、レポートを書けるわけがない。全部欠席してもひそかに勉強して、期末試験で高得点をあげていればいいではないか、という考えもありうるが、そういう猛者が出る確率は、今年DeNAや日本ハムがリーグ優勝する可能性よりも低いだろう。

 事情通の友人は、「大学によっては正式卒業はさせていない。その代わり、例えば『A大学出身』という用語を使うのだ」と説明してくれたが、真偽のほどはわからない。星野仙一氏は、ふざけて「明治大学野球部島岡学科出身」と自称していたらしい。島岡吉郎氏は明治の野球部の往年の名監督だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

三島憲一

三島憲一(みしま・けんいち) 大阪大学名誉教授

大阪大学名誉教授。博士。1942年生まれ。専攻はドイツ哲学、現代ドイツ政治の思想史的検討。著書に『ニーチェ以後 思想史の呪縛を超えて』『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』『戦後ドイツ その知的歴史』、訳書にユルゲン・ハーバーマス『近代未完のプロジェクト』など。1987年、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞受賞、2001年、オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞受賞。

三島憲一の記事

もっと見る