メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

14歳と50代の性交発言問題。立民は「ジェンダーでバグる」から卒業を

本多平直発言を軽く済ませる党に女性議員は増えない

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

 立憲民主党の本多平直衆院議員(56歳、比例北海道ブロック)が、2021年5月10日、性交同意年齢の引き上げについて議論をする党法務部会のワーキングチーム(WT)の会合で、「中学生と成人の間にも真剣な恋愛があり、被害と言えない場合もある」「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したことが明らかになり、大きな問題になっています。

 ここでは、本多氏はもちろん、この発言をめぐって性的搾取やその被害実態に対する認識不足を露呈させた要因と思われる、男性中心の立憲民主の党内カルチャー=組織文化について考えたいと思います。

本多発言は未成年への加害構造を死守しようとするものだ

「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら捕まる」などと発言した立憲民主党の本多平直議員拡大「自分が14歳の子と性交したら同意があっても捕まる」などと発言した立憲民主党の本多平直議員

 まず、報道によると、講師として会合に招かれ、性交同意年齢の引き上げを主張していた島岡まな教授(大阪大学大学院法学研究科/刑法)は、本多氏は高圧的で、怒鳴られたと感じたほどであったようです。

 「先進諸外国では、社会人と中学生のように、年齢差も力関係の差もあるところに、対等で真摯な恋愛が存在しないというのは、とっくの昔から常識。(中学生からすれば)疑似恋愛かそう思わされているだけで、性的搾取だ」と島岡氏が指摘するように(日テレNEWS24)、そこに議論の余地はありません。現職の国会議員がその“常識”に欠け、性的搾取を堂々と正当化することは、あってはならないことです。

 成人(主に男性)が未成年(主に女性)を性的搾取したという事件は、連日のようにニュースになっています。そうして苦しむ未成年が非常に多い中、一刻も早く、より強く未成年を保護する法体系を整備しなければならないのに、それに抵抗して加害構造を死守しようとする本多氏の言動は、非常に罪深いと言えます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

勝部元気の記事

もっと見る