メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

それでも幕は上がったーーコロナ禍と「高校演劇」〈1〉

中止、変更、様々な規制、高校生は試練の中に

工藤千夏 劇作家、演出家

 新型コロナは高校生の部活動にも大きな影を落としている。演劇部もこの1年余、様々な苦労を強いられてきた。高校演劇は、生徒たちが情熱を燃やす部活動であると同時に、ティーンエイジャーの問題意識や思考、感情がストレートにあらわれる「いま」を映し出す芸術でもある。高校演劇に長年関わってきた劇作家、演出家の工藤千夏さんが、コロナ禍の中での活動の現状と、そこから生まれた多様な表現について、3回にわたってつづります。

観客の前で上演、「当たり前」に涙こぼれる

 舞台を見つめる観客が客席にいる。

 熱い拍手が起こる。

 こんな当たり前のことに涙がこぼれる。

 2021年3月26〜28日、北九州芸術劇場(福岡県)で、「春季全国高等学校演劇研究大会」が行われた。全国から選ばれた10校の演劇部が、他校の部員や関係者が観客席で見守る舞台で上演した。

 わずか1日置いた3月30、31日には、穂の国とよはし芸術劇場PLAT(愛知県豊橋市)で、「全国高等学校演劇大会代替上演会」が行われ、昨夏、高知県での「全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)」の中で行われる全国大会に出場するはずだった13校のうちの7校が上演を果たした。

 延期と中止を繰り返した年度の最後の最後に、駆け込むように上演された、逆転ホームランのような舞台である。

拡大Biscotto Design/shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

工藤千夏

工藤千夏(くどう・ちなつ) 劇作家、演出家

ニューヨーク市立大学大学院演劇科修士課程修了。1992年「青年団」入団、2003年より演出部に所属し「うさぎ庵」を主宰。『真夜中の太陽』(原案・音楽:谷山浩子)は、15年から劇団民藝版が全国巡演。代表作『コーラないんですけど』の東京公演(ザ・スズナリ)が、19年4月、20年4月と相次いで、緊急事態宣言のため上演中止となった。青森市を拠点にする劇団「渡辺源四郎商店」のドラマターグ、日本劇作家協会高校演劇委員も務める。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

工藤千夏の記事

もっと見る