メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

呪文を唱えるソングライター

 小林亜星が5月30日に亡くなった。享年88。生涯6000曲以上の作品を残した作曲家であり、俳優やタレントとしてもよく知られた人物だった。ある年齢以上の方なら、巨体とおにぎり頭の風貌を他の人と見間違えることはなかった。

 学生時代からジャズバンドを組んでいた亜星青年は、いったん製紙会社に就職するもさっさと見切って音楽の世界へ逆戻りする。産声を上げたばかりのテレビ業界に潜り込むや、たちまち売れっ子のアレンジャー・指揮者になった。

 ところが、しばらくすると疑念が湧く。「アレンジばかりやっていると、作曲が下手になるんじゃないか」(小林亜星『亜星流!──ちんどん商売ハンセイ記』、1996)。この道を捨てる決心をしたら、折よくレナウンからCMソングの仕事が舞い込む。こうして、名曲「ワンサカ娘」(詞・曲:小林亜星、1961)が生まれた。最初に歌ったのは、かまやつひろしというが、多くの人の印象に残ったのは弘田三枝子の歌である。

 私の記憶にあるのもミコちゃんの「ワンサカ娘」だ。1962(昭和37)年に「ヴァケーション」で一躍名を馳せた彼女は、この曲をまるで持ち歌のように歌っている。春のドライブウェイ、夏のプールサイド、秋のテニスコート、冬のロープウェイという季節ごとの若者風俗は、まるで「ヴァケーション」の本歌取りだが、弘田が歌えば何の違和感もなかった。

 ソングライター小林亜星の凄いところは、「オシャレでシックな」娘たちの出現を「ワンサカワンサ」という不思議な言葉でつかみ取ったところだ。高度成長の余禄が中流家庭の子女たちに及び、彼らはファッションを最重要の消費テーマと捉え始めていた。小林が曲に盛り込んだのは、そんな若年大衆層が街に繰り出す様子だった。

小林亜星さん=東京・赤坂、品田裕美撮影拡大小林亜星さん(1932─2021)

 ジャズの素養のせいか、小林はこの後もスキャットふうの文句をいくつもの曲に織り込んだ。自身で作詞した「ドンドンディンドンシュビダドン(Don don din don shubi da don) 」(サントリーオールドのCMソング「夜がくる」)が秀逸だが、他にも「ボバンババンボンブンボバンバババ」(『狼少年ケン』の主題歌、詞:月丘貞夫)、「マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤン」(『魔法使いサリー』の主題歌、詞:山本清)など、意味と無意味の間をすり抜けるような詞が頻出する。

 小林の曲は、本質的にノベルティソング(一風変わった新奇な曲)である。彼は、テレビという媒体では、ポップソングはそういうものでなくてはならないと信じていた。明るくコミカルな色合いだけでなく、視聴者=消費者の記憶にひっかかるナンセンスな言葉(呪文のようなスキャット)も実に有効なファクターになる。

 彼が大量の曲を書きまくった理由もたぶんここにある。大量消費の時代には、無数の新しいモノやコトが現れた。その群れと伴走して、彼の多作は加速した。数多くの(商品や番組の)コマーシャルソングはそのまま新しいポップソングになった。小林亜星こそ、右肩上がりの消費社会におけるもっとも有能で幸福なソングライターだったかもしれない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菊地史彦

菊地史彦(きくち・ふみひこ) ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院(コミュニケーション研究科)講師

1952年、東京生まれ。76年、慶應義塾大学文学部卒業。同年、筑摩書房入社。89年、同社を退社。編集工学研究所などを経て、99年、ケイズワークを設立。企業の組織・コミュニケーション課題などのコンサルティングを行なうとともに、戦後史を中心に、<社会意識>の変容を考察している。現在、株式会社ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院(コミュニケーション研究科)講師、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター客員研究員。著書に『「若者」の時代』(トランスビュー、2015)、『「幸せ」の戦後史』(トランスビュー、2013)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

菊地史彦の記事

もっと見る