メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ワーグナー《リング》で大きな成果 芸術監督・沼尻竜典とびわ湖ホール 

第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞受賞 全国の歌手が舞台に立てるオペラ劇場に

池田卓夫 音楽ジャーナリスト

拡大琵琶湖を背景にした劇場全景=提供・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

 第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞が、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールとその芸術監督、沼尻竜典に贈られた。

 2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的拡大を受け、日本国内でも数多くの演奏会や舞台公演が中止や延期に追い込まれるなか、びわ湖ホールは4年がかりで制作したワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環(リング)》4部作の最終回《神々の黄昏》の無観客上演と動画配信を決定した。3月7日と8日のダブルキャスト2日間で延べ37万人弱(客席数1800席の200倍以上)が視聴する快挙を成し遂げ、同年の第68回菊池寛賞、第33回日本ミュージック・ペンクラブ音楽賞、関西元気文化圏特別賞など数多くの賞を授かった。

初代芸術監督・若杉弘の補佐役として

 沼尻は2007年からびわ湖ホールの第2代芸術監督を務め、《神々…》も指揮した。1998年の開館時から初代芸術監督の若杉弘の補佐役として、びわ湖ホールの歴史に関わってきた〝生き証人〟でもある。

 「若杉さんはびわ湖の後に新国立劇場オペラ芸術監督もなさいましたし、日本のオペラ界全体に足跡を遺された方です。その後を大野和士さんも園田隆一郎さんも私も歩いています。ライン・ドイツ・オペラをはじめとするドイツ語圏の歌劇場の音楽総監督(GMD)やカペルマイスター(楽長)を歴任され、オペラハウスへの明確なヴィジョンの下、私ともGMDとカペルマイスターの関係を築かれようとしました。

 芸術監督が『プロデュース・オペラ』を年一作手がけたのに対し、私は入門編の『青少年オペラ』(現在の『オペラへの招待』)を年二作担当したので、最初から劇場にいる時間は私の方が長かったのです。さらに劇場の人材育成機能を重視、若手歌手による『びわ湖ホール声楽アンサンブル』にも大きな努力を傾けました。

 最初のコンセプトがしっかりしていたおかげで引き継ぎはスムーズでしたし、何より、舞台のクオリティを第一義とする指針が初動段階から明確に打ち出されていたのは幸いです」

拡大沼尻竜典・滋賀県立芸術劇場芸術監督提供=提供・AMATI

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

池田卓夫

池田卓夫(いけだ・たくお) 音楽ジャーナリスト

1958年東京都生まれ。81年に早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業、(株)日本経済新聞社に記者として入社。企業や株式市場の取材を担当、88〜91年のフランクフルト支局長時代に「ベルリンの壁」崩壊からドイツ統一までを現地から報道した。音楽についての執筆は高校在学中に始め専門誌へも寄稿していた。日経社内でも93年に文化部へ移動、95〜2011年に編集委員を務めた。18年9月に退社後は「音楽ジャーナリスト@いけたく本舗」を名乗り、フリーランスの執筆、プロデュース、解説MC、コンクール審査などを続けている。12年に会津若松市で初演(18年再演)したオペラ「白虎」(加藤昌則作曲)ではエグゼクティブプロデューサーとなり、三菱UFJ信託芸術文化財団の佐川吉男賞を受けた。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

池田卓夫の記事

もっと見る