メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

つかドラマの結末、そして、イチャモンを少し

『つかこうへいのかけおち'83』⑨〈完〉

長谷川康夫 演出家・脚本家

別作品と似たオープニングへの違和感

 さて、つかこうへいによるNHKのドラマ、『かけおち'83』に関する話も、この項で最後となる。

拡大つかこうへい=1986年撮影
 以前の回で予告しながらそのままになっていた、このドラマへの僕の唯一のイチャモンを、そろそろ書いておかなければなるまい。

 僕がどうしても引っかかるのは、オープニングのタイトルバックとなる、大竹しのぶのダンスなのだ。

 いや、それ自体に何か問題があるわけではない。

 ここで大竹は『スタンドバイミー』という洋楽に合わせ、スーツ姿の男性2人を従えて踊る。振付は萩原流行だった。ドラマの中では康夫の弟としてワンシーン登場するだけの彼に、つかはその役目を与えることで、ここでもまた「落し前」をつけたのだ。

 もちろんこのタイトルバックもすべてつかのアイデアで、このとき大竹に着せたのは黒いレオタードである。

 それはつまり『つか版・忠臣蔵』での、松坂慶子によるオープニングシーンと完全に被るのだ。違うのは、大竹のレオタードがミニスカートボディコン風であるのと、松坂の場合はこのときバックで踊った石丸謙二郎と萩原流行がほぼ映らないことだけだ。

 そもそも彼ら2人を従えてのダンスシーン自体が、『蒲田行進曲』の舞台での根岸季衣による場面の焼き直しだし、さらに言えば、その始まりは『ストリッパー物語』=『ヒモの話』で根岸が男と絡む(相手役は公演ごとに変わったが)ダンスだった。

 つかはこの形がよほど気に入っているらしく、こうして何度も同じパターンを使ってみせた。

 しかし別々のドラマのオープニングに、わずか半年の間隔でそっくりのシーンが繰り返されるなど、やはりルール違反だろう。NHKサイドはたぶん『つか版・忠臣蔵』のことに気づいていなかったのではないか。とにかくつかの方はまるで無頓着だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長谷川康夫

長谷川康夫(はせがわ・やすお) 演出家・脚本家

1953年生まれ。早稲田大学在学中、劇団「暫」でつかこうへいと出会い、『いつも心に太陽を』『広島に原爆を落とす日』などのつか作品に出演する。「劇団つかこうへい事務所」解散後は、劇作家、演出家として活動。92年以降は仕事の中心を映画に移し、『亡国のイージス』(2005年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞。近作に『起終点駅 ターミナル』(15年、脚本)、『あの頃、君を追いかけた』(18年、監督)、『空母いぶき』(19年、脚本)などがある。つかの評伝『つかこうへい正伝1968-1982』(15年、新潮社)で講談社ノンフィクション賞、新田次郎文学賞、AICT演劇評論賞を受賞した。20年6月に文庫化。

長谷川康夫の記事

もっと見る