メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「八街事件」をめぐって~車利用者とメーカーは「社会的費用」を払うべきだ

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 「八街(やちまた)事件」が起きてから、政府の反応は機敏だった。文科相が通学中の事故防止策の検討を表明したのみならず、首相が現場を訪れて献花し、八街市長の要請に対して歩道設置への全面協力を約束した(朝日新聞2021年7月2日付)。

事故現場の献花台に花を手向ける菅義偉首相(手前)。左は八街市の北村新司市長=2021年7月1日午後2時8分、千葉県八街市、代表撮影 2021年7月1日拡大児童5人が死傷した千葉県八街市の事故現場に花を手向ける菅義偉首相=2021年7月1日、代表撮影

 それ自体は重要である。だが、問題を八街のあの通学路あるいは通学路一般に限定してしまうとしたら、今回の被害者を含め、これまで数十年にわたり、おびただしい数の自動車死亡「事故」で命を奪われた子どもたちに申し訳が立たない、と私は思う。

求められる根本的な問い直し

 私は前稿(7月5日付)で、「自動車システムを根本的に問い直す」のでなければ、子どもたちの命は守れない、と主張した。

 いかに迂遠に思われようとそれが不可欠だが、問い直されるべきは、人と車が同一平面を利用させられているという事実である。これを解消するために求められる政策については、2019年、悲惨な「事故」が立て続けに起きた時に論じた(「「横断車道」、車遮断機…過剰な車社会の改善策」;ただし一連の事故の特性ゆえに私の提案も限定されている)。

 だが、そこでもあるていど論じたが、これらの対策を実施できたとしても、それだけでは不十分である。自動車システムを是とする、時代の無分別な了解(これは近代の理念に反する)について、根本的な反省が加えられるのでなければならない。

第三者の生活はむしろ壊される

 この社会は、そうした反省の姿勢を見せることはない。車の利用は、もはや何ら疑われないまま「常識」化しているが、それをむしろ最大限合理化して見せるのは新車広告である。

 あるメーカーの広告には、こう書かれている。「エモーショナルな佇まいと先進の装備が、毎日を鮮やかに彩る」。そして、新車のわきに何気なく立つ女性の表情は穏やかで幸福感に満ちている。この女性に自己を重ねる女性にとって、あるいはこの女性に自らの恋人等を重ねあわせる男性にとって、この車によって穏やかで鮮やかに彩られた日々が得られる、とでも言いたげである。

 だが仮に実際そうだったとしても、その車が走れば、同じ日常空間を行き来しそこで生きる歩行者、とくに子ども・高齢者は、むしろ穏やかな生活を奪われ、彩りどころか緊張感に満ちた不安な時間をすごさざるを得なくなるのではないか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

杉田聡の記事

もっと見る