メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

国家の非常事態、トップは何をなすべきか

中国「清」の雍正帝に見るリーダー像【上】

阿部修英 テレビディレクター

 危機と向き合う時、政治指導者はどうあるべきか。中国・清の雍正帝(ようせいてい、1678~1735)の姿勢は一つのヒントになるかもしれません。実情を厳密に把握し、財政を再建。中央と地方の情報共有を密にする。公文書の保存と公開を徹底し、「品格」を重んじる。まるで、現代日本の政権に欠けているものばかり集めたよう。その生涯を追うドキュメンタリー番組を作り、舞台劇『君子無朋(くんしにともなし)』も書いた阿部修英さんが、その猛烈な仕事ぶりをつづります。

300年前、中国にすごいリーダーがいた

 沈黙は、「金」ではない。特に、リーダーであるならば。

 雄弁も、「銀」ではない。実践を、伴わなければ。

 昨年来つづく非常の時。首相、知事、市長など「リーダーの言葉」を聞く機会が増えた。

 しかし言葉「だけ」では不十分。ニュースを眺める人は思ってしまいがちだ、「また●●大臣が“何か”話しているよ」と。口をどれだけ動かしても、「失言」でもしない限り、慣れぬ言葉に疲れた人々の耳を、言葉は通り抜けてしまう。

 そう、リーダーは、「口」で話すだけ、「耳」で聞くだけでは足りない。言葉の表すものをしかと「目」で見つめ、実際に「手」を動かしてみせねば。忙しいリーダーがそんなこと無理? イヤイヤ。かつてそういうリーダーが実際にいたのだ。今からおよそ300年前、日本は徳川吉宗の時代に。お隣の、中国に。

 ―――その名は、雍正帝。時の王朝「清」、大清帝国の皇帝だ。

拡大北京・紫禁城に立つ佐々木蔵之介=2020年初頭
 テレビのディレクターである私が、旅人に俳優の佐々木蔵之介さんを迎え、雍正帝についての歴史番組(「中国王朝 過労に倒れた専制君主・雍正帝」NHK-BSプレミアム)を作るため中国を旅したのは、2020年の初頭。その帰国からまもなく、今の非常が始まった。

 そしてそれから更に1年半、いまだに非常事態が続く2021年の夏。思うのは、「雍正帝がいまの世にいたら」ということ。何故なら彼こそまさに、「非常事態」にひたすら向き合い続けたリーダーだから。

 授業で習う時は「中国最後の王朝」と枕ことばがつくことの多い「清」こと大清帝国。映画「ラストエンペラー」で知られる、近現代の非常事態のなか波乱の運命を過ごした宣統帝溥儀(ふぎ、1906~67)は、この大清帝国の最後の皇帝だが、そもそもこの国は、誕生からずっと、「非常事態」が続いていた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

阿部修英

阿部修英(あべ・のぶひで) テレビディレクター

大阪府出身。東京大学文学部卒業、同大学院人文社会系研究科(美術史学)修了。2005年、映像制作会社テレビマンユニオンに参加。これまで、NHK総合「NHKスペシャル 中国文明の謎」(2012)、「NHKスペシャル 故宮」(2014)、「よみがえる藤田嗣治」(2018)、NHK-BSプレミアム「中国王朝シリーズ」(2015~2020)などの演出を手掛ける。演出したNHK-BSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点 We Are The World 奇跡の一夜 10時間の真実」で第56回ギャラクシー賞奨励賞を受賞。2021年4月からのEテレ「ズームバック×オチアイ」の総合演出を担当した。『君子無朋』で初めて戯曲を執筆した。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

阿部修英の記事

もっと見る