メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

オリンピックに際して、大澤真幸著『<女>としての天皇』を読む

「THINKING O」という思考の広場

今野哲男 編集者・ライター

コロナ禍とオリンピックと天皇

 目下の国民的大事であるコロナ禍の下でのオリンピックを考える際に、考えもしなかった重大な視点を与えてくれる面白い本がある。『<女>としての天皇』(大澤真幸、左右社、2021年)である。大澤個人の思想誌的な色合いの濃い単行本シリーズ「THINKING O(オー)」の17冊目にあたる企画で、巻頭に歴史学者・本郷和人との「天皇と武士 なぜ権力が共存したのか」という対談を配し、その後に自身の長大な論文「天皇 武士とのふしぎな共存」が置かれている。

大澤真幸『<女>としての天皇 THINKING O』(左右社)拡大大澤真幸『<女>としての天皇 THINKING O』(左右社)
 「まえがき」には、こういう断り書きがある。「……対談と論考は、前天皇から現天皇への代替わりにともなう行事とほぼ同時進行で、つまり平成三〇年(二〇一八年)から令和元年(二〇一九年)にかけて行われ、執筆された。刊行直前にコロナ禍が急に深刻になり、パンデミックの「哲学的な意味」を主題とする号(『大澤真幸 THINKING「O」第16号 コロナ時代の哲学』──筆者注)を先に刊行したため、本号の刊行は一年近く遅れてしまった」と。おそらく社会の喫緊の課題であるコロナ禍を優先したので、やむなく遅れたのだという、大澤らしいプライド含みの正直なエクスキューズとして書かれたのだろう。

 だが、この遅れが、この6月24日に宮内庁長官が定例会見で発した、例の「(天皇陛下は──筆者注)ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察しています」という発言により、一転して功を奏することになった。つまり、遅れたことが図らずも天皇を扱う本書の今日性を高め、併せて、コロナ禍とオリンピックによって陰が薄くなっていた「皇位継承」が絡む「女性天皇・女系天皇」の問題を、あらためて想起させることにつながったわけである。

 本書を巡るこの(おそらく、当の大澤にとっても)想定外の展開は、世間一般の動きに対して、古い言い方で言えば「人間万事塞翁が馬」とでも嘯(うそぶ)いているかのような、大澤流の身構えと根本や本質を忘れない思考法がもたらした、稀な僥倖であるように思える。もたらされたものは、いまやオリンピックとコロナ禍が日本の国家体制の反映そのものとして推移しているように見えること、さらに、日本の国家体制を論じるためには天皇の問題への関心が何としても欠かせないこと、この二点への遅まきながらの「気づき」である。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

今野哲男

今野哲男(こんの・てつお) 編集者・ライター

1953年生まれ。月刊『翻訳の世界』編集長を経てフリーに。「光文社古典新訳文庫」に創刊以来かかわり、また演劇体験をいかして『セレクション 竹内敏晴の「からだと思想」』全4巻(藤原書店)などを編集。著書に『竹内敏晴』(言視舎評伝選)、共著に森達也との『希望の国の少数異見』(言視舎)、インタビュアーとしての仕事に、鷲田清一『教養としての「死」を考える』、吉本隆明『生涯現役』(以上、洋泉社)、木村敏『臨床哲学の知』(言視舎)、竹内敏晴『レッスンする人』(藤原書店)、『生きることのレッスン』(トランスビュー)など。現・上智大学非常勤講師。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです