メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ミュージカル『ジェイミー』髙橋颯インタビュー(上)

キャストひとり一人の個性が作品のカラーをより鮮やかにしている

橘涼香 演劇ライター


 高校のプロム(卒業行事)にドラァグクイーンとして出席する夢を抱く16歳のジェイミーが、学校や教師、保護者からの猛反対を受けながらも「自分らしく」あろうとして逆境や偏見を乗り越えていく姿を描いたミュージカル『ジェイミー』が8月8日~29日東京建物Brillia HALL で日本初上演される(大阪・愛知公演あり)。

 英BBCで放送されたドキュメンタリー番組“Jamie; Drag Queen at 16”を原作にしたこの作品は、2017年イギリスのサウス・ヨークシャーのシェフィールドにて開幕するやいなや異例の大ヒットを記録。同年、ロンドン・ウエストエンドでの上演が決定し、現在もロングラン上演を続け、2018年にはイギリス全土の映画館でミュージカルのライブ上映、更には、ミュージカル映画としても公開が予定されている話題作だ。

 ドラァグクイーンに憧れる主人公ジェイミーだけでなく、作品にはマイノリティを受け入れられない学生、自分自身が宗教的マイノリティである故に他人の気持ちが理解できる学生、まぁ楽しければいいじゃん? という偏見がない学生など、多彩なキャラクターが登場。イギリスのロックバンド「ザ・フィーリング」のリードシンガーであるダン・ギレスピー・セルズによる音楽のホットなエネルギーと、全く新しい音楽に乗せて繰り広げられるダンスシーン、誰もが持つ心の中の葛藤を描いたストーリーが喝采を集め続けている。

 そんな作品の日本初演で、森崎ウィンとのWキャストでタイトルロールのジェイミーを演じる髙橋颯が、作品の魅力、また森崎とともに作り上げていく主人公ジェイミーへの想いを語ってくれた。

作品から新たな華やぎが引き出されていく

拡大髙橋颯=森好弘 撮影

──お稽古がすすんでいる最中と伺っていますが、いまの稽古場はいかがですか?

 歌稽古をしっかりやっていく中で、作品の雰囲気が作られていきました。演出のジェフリーさんとの稽古もはじめはリモートでやっていたのですが、いまは新しい方がどんどん稽古場に加わってきてくださって、これまでできたものから更に、上に行こうとしている段階です。

──そんな稽古場で作品が新たに積みあがっているところで、改めて作品の魅力をどう感じていますか?

 作品のなかで誰もが「自分らしくいる」多様性を認める大切さが描かれていますが、キャストのひとり一人が持っている個性がとても豊かで、そんな作品のカラーを何倍にも鮮やかにしているのを感じます。だからこそ自分もこの作品から新しい魅力が引き出されているのを感じますし、色々な問題も扱っているのに、あくまでもポップな楽しさを失わないところも大きな魅力だなと思います。

拡大髙橋颯=森好弘 撮影

──そのなかで、演じる主人公ジェイミーについてはいかがですか?

 イスラム系の女の子プリティに「ジェイミー、あなた悲劇のヒロインみたいよ」と言われて、ジェイミーが「僕は悲劇のヒロインなんかじゃない」と答えるシーンがあるのですが、近くにいる人から「悲劇のヒロインみたいだ」と言われるのがジェイミーなんだなと、考えさせられました。僕も学校の規則をどうして守らなければならないのか、この規則の意味がわからないと思ったことがあって、そう感じるジェイミーに共通するものも感じるんです。でも、ただ規則に反発するのではなくて、どうしてそんな規則があるのかを考えたり、ただ一人で突っ走っていかずにちゃんと周りを見て、抑制もできるなかで尚、夢に向かって突き進むジェイミーでありたいと思っています。

──特にここが大切だと思っているポイントは?

 2幕に母のマーガレットと仲直りをして、お互いが今までのすれ違いを解消していく美しい場面があって、そこはとても大切にしています。

◆公演情報◆
ミュージカル『ジェイミー』
東京:2021年8月8日(日)~29日(日)  東京建物Brillia HALL
大阪:2021年9月4日(土)~12日(日)  新歌舞伎座
愛知:2021年9月25日(土)~26日(日)  愛知県芸術劇場 大ホール
公式ホームページ
[スタッフ]
音楽:ダン・ギレスピー・セルズ
作:トム・マックレー
日本版演出・振付:ジェフリー・ペイジ
翻訳・訳詞:福田響志
[出演]
森崎ウィン・髙橋颯 (WATWING)(Wキャスト)/安蘭けい
田村芽実・山口乃々華(Wキャスト)、 佐藤流司・矢部昌暉(Wキャスト)
伊藤かの子、太田将熙、川原一馬、小西詠斗、鈴木瑛美子、田野優花、フランク莉奈、MAOTO
樋口麻美、実咲凛音、永野亮比己、泉見洋平、吉野圭吾
保坂知寿、今井清隆、石川禅

〈髙橋颯プロフィル〉
2019年「Star Boys Audition」により結成されたホリプロ初の男性ダンス&ボーカルグループWATWINGのメンバー。2020年「デスノート THE MUSICAL」L役で出演。
公式ホームページ
公式twitter
公式instagram

・・・ログインして読む
(残り:約775文字/本文:約2809文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

橘涼香の記事

もっと見る