メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナワクチンを巡るデマはなぜ生じやすいのか──山口真一氏に聞く(上)

不安や怒りが、ところどころに真実を含むデマやフェイクニュースを拡散させる

鈴木理香子 フリーライター

 世界で接種が進む新型コロナウイルスのワクチンで問題になっているのが、「ワクチンデマ」だ。ワクチンを接種すると「不妊になる」「流産する」「マイクロチップが埋め込まれている」といった誤った情報は、接種を不安視する一部の人の心理につけ込み、正しいものの見方を危うくする。そこで、ネットやソーシャルメディアで生じるデマやフェイクニュースの問題に精通する国際大学GLOCOM准教授・主任研究員の山口真一氏に、コロナ禍におけるワクチンデマの傾向や問題点について話を聞いた。

山口真一 国際大学GLOCOM准教授・主任研究員
1986年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。博士(経済学)。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、情報経済論など。主な著書に『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文社新書)、『なぜ、それは儲かるのか──〈フリー+ソーシャル+価格差別〉×〈データ〉が最強な理由』(草思社)、『ネット炎上の研究──誰があおり、どう対処するのか』(共著、勁草書房)。ほかに東京大学客員連携研究員、シエンプレ株式会社顧問、日本リスクコミュニケーション協会理事などを務める。

山口真一・国際大学GLOCOM准教授、主任研究員拡大山口真一・国際大学GLOCOM准教授、主任研究員

──新型コロナワクチンを担当する河野太郎行政改革担当相が、公式サイトでワクチンデマに言及したことが話題になりました。山口さんはソーシャルメディア上のフェイクニュースなどについて研究されていますが、そもそも「デマ」とはなんでしょうか。

山口 深い問いですね。デマとは誤った情報、根拠のない情報、ミスリーディングな情報などのことを指します。デマというとウソの情報をイメージしがちですが必ずしもそれだけでなく、ミスリードもデマに含まれます。実際、フェイクニュース・デマの真偽判定のガイドラインである「ファクトチェック・ガイドライン」には、ミスリードという判定があります。

 まずフェイクニュースの全般的な話から始めましょう。科学雑誌「サイエンス」に掲載された研究によると、フェイクニュースは真実のニュースに比べ、ソーシャルメディアではるかに拡散されやすいことがわかっています。フェイクニュースが伝わるスピードは真実のニュースが伝わるスピードに比べ、6倍速いということです。

──ウソのニュースの方が伝わりやすい。なぜそうなるのでしょう?

山口 その研究では理由の一つに「目新しさ」を挙げています。私たちは新しい情報、今まで触れていなかった情報に対して非常に興味を持ちやすいので、「こんな新しい話、知らなかった。みんなに知らせなければ」と、拡散してしまうのです。

 これに対して、真実は地に足がついた非常に地味なもので、情報としてはそれほど面白くない。だから拡散されにくいということがあります。

──いま拡散されているワクチンデマでは、読み手の不安をかき立てる内容が多く見られます。

山口 「ワクチンで死者が増える」、「打ったら不妊になる、流産する」「遺伝子情報を書き換えられる」「マイクロチップを埋め込まれる」といったデマですね。

 確かに、「怒り」や「不安」も拡散されやすい要素として挙げられます。私が以前行った研究では、デマやフェイクニュースを拡散する動機で最も多かったのは「怒り」で、その次が「不安」でした。特に怒り、いわゆる「こういうことは絶対に許せない」といった強い感情を抱くと、人々はソーシャルメディアに投稿したくなったり、拡散したくなったりする傾向にあります。そして、それを読んでいる人も共感して拡散する傾向があります。それがわかっているので、デマやフェイクニュースを発信する側は、意図的にそう仕向けている向きもあります。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木理香子

鈴木理香子(すずき・りかこ) フリーライター

TVの番組製作会社勤務などを経て、フリーに。現在は、看護師向けの専門雑誌や企業の健康・医療情報サイトなどを中心に、健康・医療・福祉にかかわる記事を執筆

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです