メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「おかえりモネ」はダメ方向だった、けどこのままで終わる子じゃない

矢部万紀子 コラムニスト

 いいところを数えたら、片手にさえ余る。ダメなところ数えたら、両手でも足りない。と読んで、「あ、SACHIKOね、ばんばひろふみ、歌詞がちょっと違うけど」と思った方は、間違いなくアラ還(アラウンド還暦)以上だと思う。私もその1人(っていうか、60歳)なのだが、しみじみよくできた歌詞だ。

 いろいろなものが当てはまる。「我が人生」もそうだ。そして、現在進行形の朝ドラ「おかえりモネ」。8月6日に前半最終日を迎えたが、これまでの12週を振り返ると、いいところよりダメなところを数える方がたやすい。だけど、どうしても見捨てられない。

 夏木マリさんの登場が「どうだろう?」の始まりだった。ヒロインのモネこと百音が勤める森林組合の責任者で、山林地主のサヤカという役どころ。気仙沼沖の島出身のモネが高校を卒業、同じ宮城県ながら山深い登米市で就職する。引き受けるのが、祖父と縁のあるサヤカで、祖先は伊達藩とつながりがあり「姫」とも呼ばれている。で、金髪。

 夏木マリさんは、いるだけでメッセージを発する。「カッコいい女です」「毅然としてます」「年齢は誇りです」などなど。で、サヤカが実にそういう人として描かれるから、もう出てきただけでお腹いっぱい感。しかも金髪で、メッセージ性はいや増す。前半のキーパーソンとして言葉=含蓄なことも相まって、次第にごちそうさま感が募るのだ。

「おかえりモネ」にちなんで売り出されたお米のパック=2021年5月9日午前9時43分、宮城県気仙沼市拡大「おかえりモネ」の舞台の一つである宮城県気仙沼市で、ドラマにちなんで売り出されたお米のパック

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る