メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

張本勲さんと河村たかし市長のコメントがそっくりで思う、五輪の“効用”

矢部万紀子 コラムニスト

 名古屋市の河村たかし市長が、品がいい人だとは思っていなかった。元プロ野球選手の張本勲さんが、「昭和」のままだとは承知していた。だが、ここまでとは。いやー、わかりやすくひどい。

 河村市長は8月4日、表敬訪問に来たソフトボールの後藤希友選手から自分の首に金メダルをかけさせた後、いきなりかみつき、そのまま返した。

河村たかし・名古屋市長(左)が、東京五輪ソフトボールの金メダルを突然かじった。手渡した後藤希友投手は一瞬驚いた顔をみせた=2021年8月4日午前10時1分、名古屋市役所拡大河村たかし・名古屋市長は、ソフトボールの後藤希友投手の金メダルを突然かじった=2021年8月4日、名古屋市役所

 張本さんは8月8日の「サンデーモーニング」(TBS系)で、ボクシング女子フェザー級の金メダリスト入江聖奈選手に対し、「女性でも殴り合い、好きな人がいるんだね」「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね、こんな競技、好きな人がいるんだ」などと発言した。

 2人をまとめるなら、「女性蔑視がデフォルトになっている人」だろう。河村市長72歳、張本さん81歳。長い年月をかけ、「女性=自分より下」を我がものとしている。だから蔑視的発想にも、それをあからさまにする瞬間にもアラームが鳴らない。後藤選手も入江選手も20歳。「女性」に「若い」が加われば、ますます「自分より下」になる。だから、何も考えずに行動する。金メダルかじりも、トンデモコメントも、彼らには「おはよう」とか「こんにちは」と同じだったと思う。

 まあ、そんなことだろうとは思っていた。それが日本だろう、と。が、立て続けに醜悪な例を見せられると、がっくりくる。来年も日本のジェンダーギャップ指数はせいぜい119位だろうと、悲しくなる。とは言え、この、あまりにも不都合な真実をあぶり出してくれたのはオリンピック。オリンピックの効用だと思う。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

矢部万紀子の記事

もっと見る