メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

林真理子『小説8050』~ひきこもりを巡る「窮して通ず」家族の再生物語

佐藤美奈子 編集者・批評家

ひきこもる本人が発する言葉に注目して

 80代の親が、「ひきこもり」を続ける50代の子どもの生活を支えている、いわゆる「8050問題」という言葉は、すっかり知られるようになった。内閣府による実態調査によれば、いま全国の満15歳から64歳の人たちのあいだに約115万人もの「ひきこもり」の人々がいるというから、驚くに当たらない。

林真理子『小説8050』(新潮社)拡大林真理子『小説8050』(新潮社)
 直木賞作家・林真理子の最新作で、今年4月に刊行された『小説8050』(新潮社)は社会的にも話題となり、大きな反響も呼んだ。売れ行き好調で、すでに諸メディアでも紹介されているから、この欄で今あえて言及する必要はない、とも感じる。

 しかし過日の本欄で「ひきこもり」とその家族関係に焦点を当てた記事を書いたこともあり(「『世界のひきこもり』『家族と国家は共謀する』が映す家族という無法地帯」)、それらのテーマに真正面から向き合うこの作品について述べたい欲望に抗いがたい。同記事で述べた、ひきこもる本人が発する主体性ある言葉とはどういうものかについて、考え続けているからである。そんな言葉を窺うことができるかどうか、という関心も本書に惹かれた大きな動機である。

 『小説8050』は、14歳の時から自室にひきこもる長男・大澤翔太とその父・正樹との関係を中心に、母・節子、翔太より5歳年長の姉・由依を含めた4人家族である大澤家に起こる出来事を描く物語である。最初に告げてしまうと、ひきこもり問題に与える意義ある処方箋が2つ、この小説から得られると筆者自身は思っている。それは、言葉で問題を可視化することと、親が行動することだが、なぜその2つなのかについては、後ほど述べる。

 歯科医の正樹は、父から受け継いだ東京都内にある小規模歯科医院の院長だが、世の中に歯科医の数が増え、主に高齢患者しか訪れなくなった医院の経営状況は芳しくない。かつてより歯科医の権威が「失墜した」と受け止める正樹は、息子を歯科医でなく医者にすべく、私立中学の受験に臨むよう翔太が10歳の頃から発破をかけ、自身も力を注いだ。気迫をもって息子に接する夫に節子も協力し、翔太は見事有名中学校に合格する。

 ところが中学2年の夏休み後、翔太は急に不登校となり、いじめを疑った正樹と節子は学校に出向いて校長や担任に直接尋ねるものの、返事は「この学校にはいじめはない」というものだった。以降7年間、翔太はひきこもったままだ。

 そんなある日、近隣に住む、ひきこもり状態で中年にさしかかった男が、同居の老母が他界したため自宅退去を命じられ、警察に連れ出されていく姿を目の当たりにする。また、弟のせいで結婚話が進まないと叫ぶ由依の痛切な声をきっかけに、正樹は本格的に息子と向き合う決心をする。

 翔太を部屋の外に出すため、民間の引き出し業者に説得を依頼するが、かえって逆上した翔太は暴れ出す。そのとき「何がお前をここまでさせるんだ!?」と訊く正樹に対し、それまでろくに受け答えをしたことのなかった翔太が初めて理由らしきひと言を発する。それが「復讐だ!」という叫びである。この言葉をきっかけに、小説は一気に動き出す。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤美奈子

佐藤美奈子(さとう・みなこ) 編集者・批評家

1972年生まれ。書評紙「図書新聞」で記者・編集者をつとめた後、2008年よりフリーランスに。現在、講談社などで書籍編集・ライターの仕事をし、光文社古典新訳文庫で編集スタッフをつとめる。自身の読書の上では吉田一穂、田村隆一といった詩人の存在が大きい。「死と死者の文学」を統一テーマに「古井由吉論」「いとうせいこう・古川日出男論」(各100枚)を『エディターシップ』2、3号に発表。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです