メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

男性作家「妊娠・出産」の演劇を作る【上】

世界は女性の「生きづらさ」ではち切れそうだ

谷 賢一 劇作家・演出家・翻訳家

 多くの当事者の「生の声」をもとに、妊娠と出産に向き合う様々な男女を描いた演劇『丘の上、ねむのき産婦人科』が公演中だ。同じ戯曲を「女性役を女優が、男性役を男優が演じる」Aキャストと、「女性役を男優が、男性役を女優が演じる」Bキャストの2通り上演する試みもしている。この創作を通して何を考えたのか、作・演出の谷賢一さんがつづる。

「異なる性/生を想像する」

 最近ケンカが多すぎる。

 炎上、謝罪、クレーム、キャンセルカルチャー。

 もちろん、間違いはきちんと批判するべきだ。あやまちをおかしたら、ちゃんと謝ることも必要だ。でも、自分と意見の違う相手を攻撃するだけの尖った言葉の応酬は分断と憎しみを生むばかりだ。相手を引きずり下ろすことより、相手の視点に立つことが大事じゃないか。

 新作の舞台は産婦人科、妊娠中のエピソード集に決めた。

 テーマは「異なる性/生を想像する」。

 女性の声を女性が書いて発表するのはもちろん大事だ。しかし男性が女性の視点から世界を見てみることをしなければ、世の中は変わらないと最近気づいた。

 私も含めて世の男性は自覚が薄いかもしれないが、男性はこの社会のマジョリティ、強者、あるいは受益者側であることが多い。男性が女性たちの直面している問題や生きづらさを理解しなければ社会は変わらない。

 相手の視点に立つ、そのために演劇は極めて有効なツールとなる。

 役とせりふを得ることで、私たちは1945年8月6日の広島市民の気持ちや、1950年代のルイジアナ州の自動車修理工の気持ち、あるいは紀元前5世紀のギリシャの王様の気持ちにもなろうとする。わかろうとする。

 演じるとはその人の視点に立つことだ。

拡大『丘の上、ねむのき産婦人科』の一場面=photo by bozzo

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

谷 賢一

谷 賢一(たに・けんいち) 劇作家・演出家・翻訳家

1982年、福島県生まれ、千葉県柏市育ち。劇団DULL-COLORED POP主宰。明治大学と英国ケント大学で演劇学を学ぶ。2013年、翻訳・演出した『最後の精神分析』で第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、文化庁芸術祭優秀賞を受賞。18~19年、原発事故をテーマに福島の半世紀を描いた「福島3部作」を作・演出。20年に第2部『1986年:メビウスの輪』で鶴屋南北戯曲賞、3部作で岸田國士戯曲賞を受けた。近作に、新国立劇場『白蟻の巣』、東京芸術劇場『エブリ・ブリリアント・シング』(翻訳・演出)、ホリプロ『17 AGAIN』(翻訳・演出)、神奈川芸術劇場『人類史』(作・演出)、PARCO『チョコレートドーナツ』(翻案・脚本)など。脚本や演出補としてシルヴィウ・プルカレーテ、フィリップ・デュクフレら海外演出家とのコラボレーションも多い。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

谷 賢一の記事

もっと見る