メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』(上)──重層的な物語の野心作

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

セックスのあと語られる「物語」、不倫……妻の謎

 では、上映時間179分の『ドライブ・マイ・カー』とは、どのような映画なのか。以下、本作の重層的な物語を要約しつつ、濱口演出のいくつかの要点に触れてみたい。

 ──舞台俳優で演出家の家福(西島秀俊)は、ある日、愛妻の音(おと:霧島れいか)を突然、亡くす(彼女の死因はくも膜下出血)。音は元女優の人気脚本家であり、家福にとっては仕事上でも欠かせないパートナーであったから、家福は深い喪失感に見舞われる。

 だが濱口は、役者の大仰な演技を排する彼らしく、家福/西島の心理=悲しみの表現には拘泥せずに、画面を音の葬儀のシーンへと素早く切り替え、それをも短く切り上げると、出演者たちをクレジットで示す。つまり、そこで物語が一段落し(ここまでが約40分)、さらに「2年後」というテロップと共に、ドラマは新たな段階へと向かう(巧みな時間省略による展開の早さに唸らされるが、ここでは便宜的に、この約40分の導入部/序章を「パート1」、それ以降の約2時間20分の部分を「パート2」と呼ぶ。なお「パート1」では、24年前に家福夫婦が生まれたばかりの娘を亡くしたことも語られる)。

 音の死、娘の死という重い出来事を含みながらも淡々と滑らかに描かれる「パート1」では、しかし音をめぐるミステリーが仕掛けられる。そもそも音は不可思議な女性で、家福とのセックスでオーガズムを得たあと、

・・・ログインして読む
(残り:約1480文字/本文:約2424文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る