メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』(下)──危ういリハーサル場面

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 前稿ではおもに『ドライブ・マイ・カー』の物語構成、人物設定、主要モチーフなどを論じた。今回は本作の「パート2」(便宜的にこう呼ぶ。前稿参照)でえんえん展開される『ワーニャ伯父さん』のリハーサル場面を中心に述べるが、その長いシーンの一連は、役者たちに、最初は感情やニュアンスを抜いた棒読みで脚本を読ませ、その後、徐々に抑揚を加えさせ、また役者間の相互触発を生起させていくという、いわゆる<濱口竜介メソッド>そのものの場面化である。

 この、フランスの巨匠ジャン・ルノワール監督の「イタリア式本読み」に倣(なら)ったという演技設計、ないし役作りのメソッドは、役者が、誇張された大芝居で感情を表す心理主義的演技を避け、真に訴求力/リアリティのある演技を獲得するための手法だ(これは『ハッピーアワー』(2015)や『寝ても覚めても』(2018)でも用いられたメソッドだが、前述のように、音(おと)/霧島れいかの死のシーンでも家福/西島秀俊は芝居がかった深刻な演技をしない)。

『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督) ©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 8/20(金)より東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
拡大『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督) ©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 8/20(金)より東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

 また、濱口自身が言うように、『ドライブ・マイ・カー』で本読み〔濱口メソッド〕を物語に取り入れたのは、「こういうことを実際にやりますよ」とスタッフやキャスト、プロダクションに周知させる狙いもあったという。さらに濱口は、リハーサルに時間を十分に取れない映画業界の現状を改善すべく、本読みのリハーサルは必要なものだということを業界にアピールする狙いもあった、という(対談:濱口竜介×野崎歓「異界へと誘う、声と沈黙」、『文学界』2021年9月号所収、文藝春秋)。

 ただし濱口以外の監督に、時間とコストを要するこのメソッドが馴染むかどうかは疑問だ(商業映画では、役者やスタッフの拘束時間が長くなれば、それだけ人件費は加算される)。またこの手法についてどれほど詳しく説明されようと、それが役者たちの演技に具体的にどう作用しているのかを、<結果としての>映画を観る私たち観客は、ほとんど何も知りえない点にも注意が必要だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る