メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

黒川紀章設計「カプセルタワー」再生に新展開

中銀カプセルタワービル、美術館への寄贈や「移動」を目指す

神田桂一 フリーライター

 中央の柱にカブセルを取り付けた「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」(東京・銀座)。1972年に完成したこの建物は、建築家・黒川紀章(1934~2007)の代表作の一つで、国内外の人々に愛されてきた。しかし、ビルの解体が本決まりとなった。この建物を後世に引き継ぐ活動をしてきた「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」は、取り外したカプセルを美術館へ寄贈したり、宿泊施設などに再生したりしようとしている。プロジェクト代表の前田達之さん(54)に聞く。

拡大完成したばかりの中銀カプセルタワービル。「21世紀の住宅」と注目された=1973年、東京都中央区銀座

黒川紀章さんの思想受け継ぐには

拡大黒川紀章=1994年撮影
 ――プロジェクトの活動と現状を教えてください。

 前田 このビルは完成した時に140のカプセルが分譲され、普通のマンションと同じように所有者たちが、組合を作って管理してきました。私はこの建物にひかれて、2010年に最初のカプセルを購入し、多い時で15戸(個)を所有していました。現在も複数のカプセルのオーナーで、管理組合の役員もしています。

 ビルの建て替えは20年ほど前からずっと検討されていました。銀座という「良すぎる立地」なので、建物を壊して新築するのが一般的なやり方でしょう。でも黒川さんが「メタボリズム」という思想に基づいて作った建物ですから、それに沿って、最大の特徴であるカプセル交換を実現することでビルを新しくしてゆけないかと、2014年に「保存・再生プロジェクト」を始めました。

 「メタボリズム」は「新陳代謝」の意味で、建築や都市を、時代に応じて空間や設備を取り換えながら変化させてゆくという考え方。中銀カプセルタワービルはその代表的な建築。着脱可能なカプセルを取り換えながら存続させてゆくプランだったが、実際には一度も交換されなかった。カプセルは全て同じ構造で、広さ約10平方メートル、直径130センチの丸い窓がある。セカンドハウス、仕事場、趣味のための空間など、いまもオーナーが様々な用途に使っている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

神田桂一

神田桂一(かんだ・けいいち) フリーライター

1978年、大阪生まれ。関西学院大学法学部卒。一般企業勤務から週刊誌『FLASH』の記者、ドワンゴ『ニコニコニュース』記者などを経てフリー。カルチャー記事からエッセイ、ルポルタージュまで幅広く執筆。著書に『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(宝島社=菊池良と共著)など。2021年11月下旬に『台湾対抗文化紀行』(晶文社)を刊行予定。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです