メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『これはただの夏』の著者・燃え殻さんに聞く「特別な一冊」への思い

「いつまでも不変であってほしいと思いながら書きました」

二ノ宮金子  フリーライター

 デビュー作にしてベストセラーとなった小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社/Netflixで映画化され11月5日に配信、劇場同時公開)から4年。その著者、燃え殻さんの小説第2弾『これはただの夏』(新潮社)が刊行された。

 前作同様、テレビ制作会社の仕事に忙殺されながら生きる主人公「ボク」の、その後を描く。ボクを取り巻くのは、取引先の披露宴で出会った優香、テレビ局のディレクターで末期がん闘病中の大関、そして同じマンションのエントランスで出くわした小学生の明菜。ボクは、ひょんなことから明菜の面倒をみることになって……。

 『これはただの夏』は、自分にとって特別な一冊と語る燃え殻さんに、その思いを聞いた。

燃え殻拡大燃え殻さん=撮影・大野洋介

燃え殻(もえがら) 1973年生まれ。小説家、エッセイスト。テレビ美術制作会社企画。2017年、小説家デビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーになる。ほかの著書に『すべて忘れてしまうから』‎『夢に迷って、タクシーを呼んだ』(ともに扶桑社)、『相談の森』(ネコノス)。原作を担当した朗読劇『湯布院奇行』は9月28日から新国立劇場で上演。

──デビュー作から4年、待望の小説が刊行されましたね。

燃え殻 『ボクたち』から『これはただの夏』までは確かに4年ほどありますが、この期間は、僕の中で新しい仕事に挑戦する時期でもありました。「週刊SPA!」や「週刊新潮」で週刊連載にチャレンジし、エッセーなどを書いていたこともあり、ここ3年くらいは何かしらずっと書き続けていたんです。『これはただの夏』も「yomyom」で連載していましたし、実は自分としてはあんまりあいた気がしていないんです。

 『ボクたち』は、砂をかき集めるようにして自分の経験談を少しアレンジしながら書くみたいなことをやりました。この時は、一部でこんなの小説じゃないってハレーションはあるかもしれないけど、ある程度の人たちが共鳴することがあるんじゃないかなって思いながら書いていたんです。

 『これはただの夏』に関しては、しいて言えば本好きの自分の母に読んでほしいぐらいで、まったく読者を設定していませんでした。ほかのインタビューでも「これは誰に読んでほしいですか」みたいなことを聞かれましたが、わからなくて。でも僕はいつか自分が小説を書かなくなった時に、『これはただの夏』を書いてよかったって言うでしょうね。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

二ノ宮金子

二ノ宮金子 (にのみや・きんこ) フリーライター

カルチャー雑誌などの編集者、ライターを経て、フリーに。映画、本、食、温泉などを中心に執筆。関心領域は、貧困、不登校、子どもの病気なども。主な資格に、美容師免許、温泉ソムリエ、サウナ・スパ健康アドバイザーなど。ツイッターは、 https://twitter.com/kinko_ninomiya

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです