メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

池袋の「暴走事件」を、運転する高齢者の注意義務にとどめてはならない

自動車システムについての本質的な議論を

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 2019年4月に起きた「池袋事件」について東京地裁判決が出された。同事件では、乗用車を運転していた高齢者(事件当時87歳)が、信号前でブレーキと間違ってアクセルを踏み続けたために、横断歩道を横断中の母子2人を死亡させ、9人に重軽傷を負わせるという、凄惨きわまる事態となった。

東京・池袋で起きた高齢者による暴走事故の現場=2019年4月19日、東京都豊島区東池袋拡大東京・池袋で起きた高齢者による暴走事故の現場=2019年4月19日、東京都豊島区東池袋

問題を高齢者の運転にしぼってはならない

 まず記せば、私は同事件が高齢者問題と見なされている点を残念に思う。例えば朝日新聞では、「人身事故」および「踏み間違い」事故の件数を、75歳未満と75歳以上の運転の場合に分けて報じている(2021年9月3日付)。

 もちろん高齢者の知覚・認知・身体反応等の能力が青壮年層より低下している事実を論ずることは、重要であろう。だが、これに関連する論議にとどまれば、自動車システムの本質的な問題性(後述)は隠され、今まで何十年にもわたって続いてきた、日常空間が危険のちまたと化すという、近代社会にあるまじき異常な現実については、何ら問い直されないままになるだろう。

 高齢者のほうが事故を起こしやすいのもおそらく事実であろうが、だからといって非高齢者の事故が軽視されてよいはずがない。朝日記事によれば、75歳以上の運転による人身事故は15万件弱だが、一方、75歳未満の運転によるそれは174.6万件に達する(朝日、同前)。高齢者のそれに関心を集中させれば、15万件をなくすために、実質的に174.6万件を放置する結果になりかねない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

杉田聡の記事

もっと見る