メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

【公演評】花組『銀ちゃんの恋』

水美舞斗、破天荒な銀幕のスタア・銀ちゃんにギラギラオーラで体当たり!

さかせがわ猫丸 フリーライター


 花組プレイ『銀ちゃんの恋』~銀ちゃん、本日も反省の色なし~が、KAAT神奈川芸術劇場と梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されました。

 原作のつかこうへい著『蒲田行進曲』は1982年に映画化、日本アカデミー最優秀脚本賞を受賞した大ヒット作で、ご覧になったお客様も多いのではないでしょうか。宝塚歌劇では、1996年に久世星佳主演、2008年、2010年には大空祐飛主演で上演され、いずれも大好評を博しました。

 ロマンチックが王道の宝塚とは真逆の(?)題材ながら、破天荒な銀ちゃんと個性あふれる仲間たちのあたたかな物語は文句なく面白く、どんな時代であっても胸震わさずにはいられません。

 主演は、いまや花組の大黒柱のひとりとなった水美舞斗さん。自己中心的なのに憎めない銀ちゃんを、あふれるエネルギーとギラギラオーラ全開で演じ、男役としての充実期をアピールしました。

ひどい男でも憎めない水美

『銀ちゃんの恋』公演から、水美舞斗=岸隆子 撮影拡大『銀ちゃんの恋』公演から、水美舞斗=岸隆子 撮影

 主人公・倉丘銀四郎は、個性の塊のような男です。常に自分が主役でないと我慢できず、感情の起伏も激しくて、とにかく自分勝手。なのに繊細で、時折、人情をのぞかせたり、かわいい一面も見せるため、憎みきれないのが悔しいところ。

 そんな強烈なエネルギーを発する銀ちゃんは、水美さんにとって今、まさに適任といえるでしょう。花の95期生で研13。男役としても充実期を迎え、ギラギラオーラと押し出しの強さを武器に、銀幕のスタアらしさをわしづかみです。水美さんにとって、東上初主演公演にふさわしい、にぎやかな演目となりました。

――京都撮影所。映画『新選組血風録』の撮影では、土方歳三役の倉丘銀四郎(水美)が今日もライバル橘(帆純まひろ)を押しのけ、自分が目立つよう張り切っていた。傍若無人だが無駄に神経質なため、平岡安治(=ヤス/飛龍つかさ)ら大部屋役者の子分たちも気の休まる暇がない。そんな中、恋人・小夏(星空美咲)の妊娠が発覚する。スキャンダルを恐れた銀四郎は、突然、ヤスの家に押しかけ、小夏と結婚するよう命じるのだった。

 公私問わずやりたい放題、でも実は繊細でさみしがりや。人を惹きつけてやまない銀ちゃんの魅力こそ、この作品のカギでしょう。水美さんの持ち味であるエネルギッシュさと、根底に流れるやさしさは、まさにうってつけだったかも。銀ちゃんの陽の部分を爆発的に、心の奥に秘めた孤独を繊細に演じ分け、心技体が充実する男役の今を、惜しみなく発揮していました。

 今公演では得意のダンスを披露する機会はありませんが、劇中劇で披露する殺陣の回転速度など、キレ味鋭い動きには目が覚めるよう。そんなところもさすが水美さんとうならせました。

◆公演情報◆
『銀ちゃんの恋』~銀ちゃん、本日も反省の色なし~
-つかこうへい作「蒲田行進曲」より-
公式ホームページ
原作/つか こうへい
潤色・演出/石田 昌也
(※上演は終了しています)

・・・ログインして読む
(残り:約1869文字/本文:約3073文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

さかせがわ猫丸

さかせがわ猫丸(さかせがわ・ねこまる) フリーライター

大阪府出身、兵庫県在住。全国紙の広告局に勤めた後、出産を機に退社。フリーランスとなり、ラジオ番組台本や、芸能・教育関係の新聞広告記事を担当。2009年4月からアサヒ・コム(朝日新聞デジタル)に「猫丸」名で宝塚歌劇の記事を執筆。ペンネームは、猫をこよなく愛することから。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

さかせがわ猫丸の記事

もっと見る