メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

人生の答えあわせ~40代から年齢を重ねて見えてきたfortune 槇村さとる 

「人生100年」時代。元気に、Happyにどう生きるか……

槇村さとる 漫画家

なつかしい話は人生のスイーツみたい

 なつかしい話というのは人生のスイーツみたいだ。甘味、美味。どんなに身勝手に自分勝手に想い出してもかまわないのだから。

 「それはちがう」とか「あなたはそう想ってたかもしれないが私にはそうきこえなかった」とか、文句を言う人はもう自分の近くにいないし、思いきり美化して反論しようもない人(夫や若い人)に向かってたれ流す……そんな中高年になりたくない! 語ってる最中、うっとりしている顔を人に見られるのもアホウみたいで恥ずかしい。そんな想い出話をしてる場合じゃないデショ! 今しなきゃいけないのは目の前の仕事。目の前のネーム(漫画の設計図のこと。絵コンテ)を描くことだろうが! と思うタイプの人間だった。

 ――なのに、このごろ折にふれ人を想い出し、エピソードを想い出し、感情を想い出し、そのことについてもう一度考えたりしてしまう。そういう時、「老けたな」と思う。

 まあ実際、齢はとったし、身体はあちこちポンコツで頭ン中も人並みにあやしい感じだしね。想い出に溺れてしまうのは仕方ないか……と許せるが……。しかし、掃除の最中などに過去の自作を読みふけってしまい、うっかりツボって笑ったり涙ぐんだりしてしまう様は、バカ丸出しである。

 自分で何を描いたのかをすっかり忘れて読者になり切ってしまうのだ。30年前の自分の作品で今、ニヤニヤしたりびっくりしてりゃあ世話ないわァ。

拡大槇村さとるさん=2020年12月18日、東京都武蔵野市

私の描き方は体系をもたないフリースタイル

 50年も描いているのだ。

 新人の時は、ひとつの作品、ひとつの課題、ひとつのエピソードさえ想いつかず、人間とは何か? なんかも知らず、少しずつ武器を手に入れ、人間としての経験を積み、それを煮て? 蒸して? 加工して、ネームを描く技術や自分のツボを知って、描けるようになってきた。

 また、読んでくれる人達と自分のポジション取りなども、苦労したポイントだ。

 あと仕事上の人間関係ね、そりゃもう大変。でもまあそれも今は昔。……です。

 今や私の描き方は、あまり「漫画の描き方」として人に話せるような体系を持たないフリースタイル化している。

 こんな感じだ。

 まず紙の前に座る。みつめる、「ひとつだけ」と心の中でつぶやく。とりあえず、とにかく、ひとつだけ、描きたいことを、決める。

 表情でもよい、エピでもよいし、雰囲気でも、感情でも、何かを探し出すためによすがになるものをたぐっていく。ああこれだわ、これ描きたいのよ私! というものを探り出せたらひと段落。その種(タネ)から前後左右に枝葉を広げていけるからだ。

 作品の種は苦しい思いだったり、エゴさだったり、切なさだったり、だいたい描きたいコトの回りには、あまり他人には話せない情けないだらしない自身の経験だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

槇村さとる

槇村さとる(まきむら・さとる) 漫画家

1956年東京都生まれ。漫画家。’73年少女漫画誌「別冊マーガレット」において、『白い追憶』でデビュー。以後、『おいしい関係』『Real Clothes』『モーメント 永遠の一瞬』(以上、集英社)など数々のヒット作を発表。エッセイに『おとな養成所』(光文社)などがあり、多くの女性たちから支持されている。女性漫画誌を中心に執筆活動やエッセイ、対談など幅広く活動中。イラスト&エッセイ『新50代は悩み多きお年頃』(光文社)が好評発売中。発売たちまち増刷。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです