メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

高校演劇、制約乗り越えた全国大会【下】

「演劇したーい!」、叫びがこだました

工藤千夏 劇作家、演出家

空気の読めない主人公が見せた「希望」

 最優秀賞に輝いたのは、クラーク記念国際高校(福岡県)『FLOAT』(作:クラーク記念国際高校演劇部)だった。

拡大クラーク記念国際高等学校『FLOAT』=同校演劇部提供
 主人公の「マー子ちゃん」は、クラスでも浮いている。浮かないように、沈まなければと考えている。彼女は空気が読めない。他者との距離が測れない。だから、余計、浮く。
・・・ログインして読む
(残り:約2512文字/本文:約4163文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

工藤千夏

工藤千夏(くどう・ちなつ) 劇作家、演出家

ニューヨーク市立大学大学院演劇科修士課程修了。1992年「青年団」入団、2003年より演出部に所属し「うさぎ庵」を主宰。『真夜中の太陽』(原案・音楽:谷山浩子)は、15年から劇団民藝版が全国巡演。代表作『コーラないんですけど』の東京公演(ザ・スズナリ)が、19年4月、20年4月と相次いで、緊急事態宣言のため上演中止となった。青森市を拠点にする劇団「渡辺源四郎商店」のドラマターグ、日本劇作家協会高校演劇委員も務める。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

工藤千夏の記事

もっと見る