メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

田村正和は作家に愛された俳優だった~眠狂四郎、腕下主丞、子連れ狼……

ペリー荻野 時代劇研究家

 今年4月3日、77歳で世を去った俳優・田村正和。唯一無二の美貌と存在感で、時代劇、ミステリー、ラブストーリー、コメディと幅広いジャンルで人気を集めた。訃報が届いて以来、多くの局が追悼の意を表し、代表作を再放送した。9月、10月は、時代劇専門チャンネルと東映チャンネルによる共同企画「特集・田村正和~永遠の美剣士」で代表作「眠狂四郎」などが連日放送される。

田村正和拡大田村正和さん=1985年

 私は遺作となったドラマ「眠狂四郎 The Final」をはじめ、田村正和時代劇に関わった方の取材を続けてきた。そこで感じたのは田村さんが「作家に愛された俳優」であったということだ。

 その作家の代表といえば、柴田錬三郎である。

 田村×柴田の初期作品では1969年、松方弘樹版眠狂四郎と宿敵の薩摩隠密(田村)の対決が見せ場となった映画『眠狂四郎 卍斬り』、1972年に放送された柴田原作のドラマ「岡っ引どぶ」がある。

 どぶ(山崎努)は仕込み十手を片手に悪い奴をなぎ倒す破天荒な岡っ引き。田村さんの役はどぶを助ける盲目の与力・町小路左門だった。目を閉じたまま、暴れん坊のどぶの報告を聞き、事件について静かに助言する。泥臭いどぶとは対照的な気品あふれる町小路のたたずまいに柴田がほれ込み、「最高の眠狂四郎役者になる」と自身の代表作の主演に推薦したのだ。

 転びバテレンのオランダ人宣教師と大目付の娘との間に生まれたという出生の秘密を抱え、虚無の中に生きる孤高の剣士・眠狂四郎。彼は必殺の剣「円月殺法」で醜い世の矛盾と欲望を斬って捨てる。眠狂四郎は1950年代から市川雷蔵はじめ、映画・ドラマで多くの名優が演じてきた。原作者の強い意向を受けて、その72年秋には連続ドラマ化が決定。黒い着流しに赤みを帯びた髪、憂いを帯びたニヒルな田村狂四郎が登場した。

 京都・太秦の東映撮影所で行われた発表記者会見は、今も語り草だ。記者の前に黒羽二重の着流しで姿を現した田村狂四郎は、腰元風美女(東映の『女番長シリーズ』などで活躍した衣麻(えま)遼子)を前に刀を抜き、なんと帯をはらりと斬り捨て、腰巻の裸にしてしまったのである。帯にピアノ線を使ったパフォーマンスだったが、前代未聞のお色気会見と製作担当者の「テレビコードの限界ギリギリまで挑む」という発言は、マスコミをにぎわせた。

自身の原作「眠狂四郎」のテレビドラマに、狂四郎(田村正和)の師匠「高輪の錬翁」役で出演することになり、メーキャップした小説家・柴田錬三郎=1972年11月





拡大自身の原作「眠狂四郎」のドラマに、狂四郎(田村正和)の師匠「高輪の錬翁」役で出演した柴田錬三郎=1972年11月
 なお、この会見には、柴田先生本人も黒い着流しで参加。笑顔で祝いの桝酒を田村から受ける写真が残る。原作者は、当時人気の「木枯し紋次郎」の汗くささに対して、田村の狂四郎を「タキシードを着て殺しをやるオーデコロンのさわやかさがある」と評し、後にスペシャル版で狂四郎の恩師「高輪の先生」役で出演もしている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ペリー荻野

ペリー荻野(ぺりー・おぎの) 時代劇研究家

1962年、愛知県生まれ。大学在学中よりラジオパーソナリティを務め、コラムを書き始める。時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」のプロデュースや、「チョンマゲ愛好女子部」を立ち上げるなど時代劇関連の企画も手がける。著書に『テレビの荒野を歩いた人たち』『バトル式歴史偉人伝』(ともに新潮社)など多数。『時代劇を見れば、日本史はかなり理解できる(仮)』(共著、徳間書店)が刊行予定

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ペリー荻野の記事

もっと見る