メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

『中国vs.世界』の著書・安田峰俊さんが語る中国取材の裏の裏

「東京五輪の最大の意義は、中国に生きたデータを提供したことです」

井上威朗 編集者

 お久しぶりです。プロ野球と著者をからめたインタビューをやってきたカープおじさんですが、コロナ禍においてやれることが尽きてまいりました……。

 私ごときでこれなら、海外取材ベースの書き手はもっと大変なはず。大宅壮一ノンフィクション賞に輝いた『八九六四──「天安門事件」は再び起きるか』(KADOKAWA)など、無数の中国人を相手に精力的な取材を重ねて傑作を書いてきた安田峰俊さんも、渡航できない現状ではさだめし苦労しているのではないか──。

『中国vs.世界──呑まれる国、抗う国』(PHP新書)拡大安田峰俊『中国vs.世界──呑まれる国、抗う国』(PHP新書)
 そう思って安田さんの最新作『中国vs.世界──呑まれる国、抗う国』(PHP新書)を読むと驚かされます。新規の海外取材をせずに、10もの「マイナーな」国と中国との角逐を鮮やかに描き切っているのです。

 コロナ禍であろうが、中国取材の困難さは習近平体制以降「今さら」の話だ。こう語る安田さんは、「第三国を通じて中国を語る」という手法をコロナ前から準備しておくことで、記者として新境地を切り拓いてみせました。

 これは野球を後回しにしてでも、コロナ後の取材者のあり方を考える知見を安田さんから得なければ。そういうわけで、オンライン取材敢行です。

──阪神タイガースファンでもある安田さん、今年は楽しそうでいいですね。うらやましい!

安田 カープファンには申し訳ないけれど、タイガース、強いですね。だけど、最近は野球を追えていない生活だったので、実感がないんですよ。

──しかしコロナ禍では満足な取材活動ができず、忙しくならないのではないですか。

安田 いえ、『「低度」外国人材──移民焼き畑国家、日本』(KADOKAWA)がすべての大手紙で書評されるなど好評だったこともあって、国内でのベトナム関係の取材とか、ばんばんやってますよ。

2021年春、ベトナム人の技能実習生取材中拡大2021年春、ベトナム人の技能実習生を取材中の安田峰俊さん=本人提供

──たしかに、最近は在日ベトナム人にかかわる事件を追ったルポを発表されていますね。

安田 この間はベトナム人のウーバーイーツ配達員に密着していました。なぜ彼らはチャリで首都高速道路に入ってしまうのか、とか。

──……マジですか、それ。

安田 はい。私が話を聞いた同じ家に住んでる配達員4人組のうち、少なくとも3人は「首都高に入った」って言い切ってました。彼らは標識が読めない上に、Google Mapだけを頼りにチャリを漕いでるものだから、スイスイ首都高に登っていっちゃうんですよ。

──不謹慎ですが、面白い話です……。いいネタを仕込まれていますねえ。

安田 こんな感じで、あちこちに国内取材に行くことはできています。感染対策にはできるだけ注意を払っていますが。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

井上威朗

井上威朗(いのうえ・たけお) 編集者

1971年生まれ。講談社で漫画雑誌、Web雑誌、選書、ノンフィクション書籍、科学書などの編集を経て、現在は漫画配信サービスの編集長。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです